特別展「古裂賞玩 ―舶来染織がつむぐ物語―経」五島美術館

白地草花文更紗包み裂

名称:特別展「古裂賞玩 ―舶来染織がつむぐ物語―経」五島美術館
会期: 2024年10月22日(火)〜2024年12月1日(日)
観覧料:一般1400円/高・大学生1100円/中学生以下無料
休館日:毎月曜日(11月4日は開館)、11月5日[火]
住所:〒158-8510東京都世田谷区上野毛3-9-25
TEL:050-5541-8600(テープ案内)
URL:五島美術館

名物裂手鑑(部分)
名物裂手鑑(部分)

江戸時代に作られた美麗な舶来織物を集めた大名家の「裂手鑑」をはじめ、名物茶入と「仕覆」、「名物裂」で表装された唐物絵画、豪商の「裂箪笥」、茶道具に付属する「古渡り更紗」などを展観(会期中一部展示替あり)。世界に例を見ない日本の古裂鑑賞の文化とそれを創り出した舶来染織の影響を紹介します。

段更紗包み裂
段更紗包み裂
白地二重蔓牡丹文金襴仕覆
白地二重蔓牡丹文金襴仕覆
白地草花文更紗包み裂
白地草花文更紗包み裂

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る