「『坂の上の雲』にみる明治の最先端」坂の上の雲ミュージアム

「『坂の上の雲』にみる明治の最先端」坂の上の雲ミュージアム

名称:「『坂の上の雲』にみる明治の最先端」坂の上の雲ミュージアム
会期:2024年2月20日(火)〜2025年3月2日(日)
会場:坂の上の雲ミュージアム
開館時間:午前9時から午後6時30分まで
   (入館午後6時まで)
料金:一般 400円
   高齢者 200円
   高校生 200円
住所:〒790-0001愛媛県松山市一番町3-20
TEL:089-915-2600
URL:坂の上の雲ミュージアム

「『坂の上の雲』にみる明治の最先端」坂の上の雲ミュージアム
「『坂の上の雲』にみる明治の最先端」坂の上の雲ミュージアム

黒船来航の衝撃をきっかけに、幕末の動乱を経て誕生した“明治日本”。近代国家として歩み出したばかりの日本は、西洋列強に追いつくために、江戸時代までに蓄積してきた技術や知識に西洋諸国の最先端の科学技術を溶接し、急速な近代化を推し進めていきます。
交通や通信、軍事など、新しい科学技術に対する人びとの好奇心や探求心は、国家を成長させていく原動力になりました。
今回の企画展では、小説『坂の上の雲』の主人公や登場人物らの視点や体験から、科学技術の受容と発展に向き合った、“明治日本”のすがたを伝えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る