「雛人形名品展」京都府京都文化博物館

「雛人形名品展」京都府京都文化博物館

名称:「雛人形名品展」京都府京都文化博物館
会期:2024年2月24日(土)~ 4月7日(日)
休館日:月曜日
会場:京都文化博物館2階総合展示室
開室時間:10:00~19:30(入場は19:00まで)
入場料:一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※総合展示(2階)とフィルムシアター(3階)をご覧いただけます。
   (フィルムシアターは催事により有料の場合があります)。
主催:京都府、京都文化博物館
住所:〒604-8183京都府京都市中京区三条高倉
TEL:075-222-0888
URL:京都府京都文化博物館

 冷たい風のなかにも、春が近づいてくるのを感じられる季節となりました。
 本年も、京都府コレクションの雛人形から、選りすぐった優品を展示いたします。
 旧暦三月三日は上巳の節句(桃の節句)と呼ばれ、雛人形を飾って女の子の健やかな成長を祈る習慣があります。
 雛人形は、紙で作った「形代かたしろ」が起源であると考えられています。紙で人の形を作って体を撫でて、いろいろな穢けがれをこの形代にうつし、災いを免れるよう願ったということです。中国で、旧暦3月3日の上巳じょうしの日に、川で身を洗って穢けがれをはらう習慣があったものをとり入れたものだといわれます。
 いっぽう、小さな女の子がお人形で遊ぶのは少なくとも平安時代からあったようで、「源氏物語」に、若紫が人形で遊んいる場面があります。このお人形遊びと、形代がいつしかいっしょになって、江戸時代初期(17世紀)くらいから、現在のような雛祭の習慣になったといわれています。
 本年は、雛人形とともに、雛人形の衣装の原型といえる公家の装束もあわせてご紹介します。
 平安時代に完成し、時代とともに変化をしつつもつねに日本の服飾の中心的な存在であった装束の美の世界をお楽しみいただきたいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る