「ヴィットリオ・コスタンティーニの世界- ヴェネツィアガラスのきらめく息吹 -」北一ヴェネツィア美術館

「ヴィットリオ・コスタンティーニの世界- ヴェネツィアガラスのきらめく息吹 -」北一ヴェネツィア美術館

名称:「ヴィットリオ・コスタンティーニの世界- ヴェネツィアガラスのきらめく息吹 -」北一ヴェネツィア美術館
会期:2024年2月27日(火)~2024年6月3日(月)
会場:北一ヴェネツィア美術館
時間:9:00~17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日:会期中無休 
観覧料:一般 500円
   大学生 350円
   高校生 300円
   中学生・小学生 100円
   65歳以上 350円
   特別割引中のため、その他の割引との併用はできません
住所:〒047-0027 小樽市堺町5-27
TEL:0134-33-1717・FAX:0134-29-0517
URL:北一ヴェネツィア美術館

チョウ
チョウ

長年に渡り、魚をはじめ昆虫や鳥などを題材とした生き物の制作に情熱を傾け、“神業”とも称される繊細でリアルな表現を極めてきたヴェネツィアのランプワーク作家、ヴィットリオ・コスタンティーニ。世界で活躍するアーティストであるコスタンティーニの、収蔵作品数世界一を誇る北一ヴェネツィア美術館のコレクションを一堂に紹介します。
幼少期から海に囲まれた環境で育ち、ラグーナ(潟)で出会った小さな生き物たちに強い関心を持つようになったコスタンティーニは、図鑑や資料を参考に対象を忠実に再現するという制作方法から、それらを土台にして自身が考案した独自の新しい技術や自由な発想を盛り込み、わずか1cmにも満たない実物大の昆虫や、表情豊かな鳥類など様々な作品を生み出してきました。
それぞれの生き物たちが持つ美しさを本物以上に輝かせるため、ガラスの色彩や表現方法の研究を重ねてきた作品からは、今にも動き出しそうな生命力が感じられます。
美しく輝くガラスの生き物たちを通してヴェネツィアガラスの高度な技術とセンスを感じてながら、巨匠コスタンティーニの豊かな感性で表現された世界をご堪能ください。

魚
フラミンゴ
フラミンゴ
ニシツノメドリ
ニシツノメドリ
クワガタ
クワガタ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る