「富永晃代 中堀慎治 ~和のSESSION~」銀座三越

富永晃代 「春霞」 8号 岩絵具、麻紙 2024年

名称:「富永晃代 中堀慎治 ~和のSESSION~」銀座三越
会期:2024年3月27日(水) ~ 2024年4月1日(月)
会場:本館7階 ギャラリー ※最終日は午後5時まで
住所:〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
TEL: 03-3562-1111
URL: 銀座三越

麻紙・岩絵具を用い、桜の花の美しく儚い姿を優しいタッチで表現する、富永晃代氏。
日本の伝統的な金箔に墨絵という技法を用い、架空の生き物を巧みに描写する、中堀慎治氏。
本展では、日本画の情緒ある風情を題材にした~和~の優美で繊細な世界をぜひご覧ください。

富永晃代

「桜舞う」

4号

岩絵具、麻紙

2024年
富永晃代 「桜舞う」 4号 岩絵具、麻紙 2024年
富永晃代 「春霞」 8号 岩絵具、麻紙 2024年
富永晃代 「春霞」 8号 岩絵具、麻紙 2024年

富永晃代  Teruyo TOMINAGA
1987年 東京都生まれ、兵庫県育ち
2012年 東京藝術大学 安宅賞受賞
2013年 第24回臥龍桜日本画大賞展(飛騨位山文化交流館、岐阜県美術館)
2014年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2018年 個展「第52回レスポワール新人選抜展」銀座スルガ台画廊(東京)
満照山 眞敬寺 蔵前陵苑 本堂欄間下絵制作(東京)
個展「富永晃代~感じたままを~」松坂屋名古屋店 アンテナプラスアート(愛知)
2020年 第8 回郷さくら美術館桜花賞展 桜花賞館長賞
2021年 個展「富永晃代~かそけき生命~」ギャラリー和田(東京)
グループ展「~春粧のとき~ 現代女流作家展」松坂屋名古屋店 美術画廊(愛知)
2022年 個展「富永晃代日本画展」松坂屋名古屋店 アンテナプラスアート(愛知)
2023年 二人展「富永晃代×武藤江美奈 ~具象と抽象の境界線~」銀座三越(東京)
他、展覧会多数
現 在  無所属
【受賞歴】
第8回郷さくら美術館桜花賞展 桜花賞館長賞

中堀慎治

「日月波濤雲龍図 阿」

6P

墨絵、金箔

2024年
中堀慎治 「日月波濤雲龍図 阿」 6P 墨絵、金箔 2024年
中堀慎治

「日月波濤雲龍図 吽」

6P

墨絵、金箔

2024年
中堀慎治 「日月波濤雲龍図 吽」 6P 墨絵、金箔 2024年

中堀慎治  Shinji NAKABORI
1956年 東京、新宿に生まれる
1974年 多摩美術大学絵画科日本画専攻 入学
1975年 渡米(ニューヨーク・アート・ステューデント・リーグに在籍)
1978年 多摩美術大学絵画科日本画専攻 卒業
1979年 秋季創画展 初入選
1980年 春季創画展 入選(’82 ’84 ’86)
1984年 三人展(~’86)
1986年 第1回川端龍子賞展 出品(和歌山県立美術館)
1990年 個展(Gallery Art Point ~’92)
東京セントラル美術館日本画大賞展 招待出品
1992年 豊穣の会展 出品(夏目美術店 以降毎回)
1993年 第2回菅楯彦大賞展 出品(倉吉博物館)
1995年 個展(日本橋三越、高知大丸)
   画集刊行(求龍堂)
1996年 風靡の会(夏目美術店 以降毎回)
1997年 二人展(Space Untitled Gallery/N.Y、渋谷東急本店)
1999年 個展(日本橋三越本店、高松三越)
2002年 徳島県安楽寺 天井・襖絵制作(~’12)
2003年 個展(東京美術倶楽部)
2005年 CIGE(中国国際画廊博覧会)出品
     アートフェア東京 出品(東京国際フォーラム ’10)
2006年 KIAF(韓国国際アートフェア)出品
     個展(名古屋松坂屋本店)
2007年 個展(東京美術倶楽部)
    7人のエスプリ展(大阪高島屋、横浜高島屋)
2008年 個展(大丸神戸店、大丸心斎橋店、野田コンテンポラリー)
2009年 個展(大丸福岡天神店)
観○光展(二条城、清水寺)
「ざ・てわざ 未踏の具象展」(日本橋三越本店)
2010年 「不空」展(ギャラリー香染美術、北京)
個展(松坂屋名古屋店、天満屋岡山本店)
「ストーリー・テーラーズ展」(日本橋高島屋、横浜高島屋、名古屋高島屋)
観○光展(二条城、清水寺、泉涌寺、圓通寺)
現 在  無所属
【作家来場予定日】
・中堀慎二氏
3月27日(水)、30日(土)、31日(日) 各日 終日在廊
・富永晃代氏
3月27日(水) 終日、28日(木) 午後3時~午後4時、29日(金) 午後3時~午後4時、
30日(土) 終日、31日(日) 終日、4月1日(月) 午後3時~午後4時

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る