「記憶をつなぐ彫刻~ 校舎の75年を振り返る」安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄

「記憶をつなぐ彫刻~ 校舎の75年を振り返る」安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄

名称:「記憶をつなぐ彫刻~ 校舎の75年を振り返る」安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄
会期:2024年4月24日(水)〜2024年5月13日(月)
会場:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 ギャラリー(木造校舎)
開館時間:9:00 〜 17:00
休館日:5月7日は休館
入場料:無料
住所:〒072-0831 北海道美唄市落合町栄町
TEL・FAX:0126-63-3137
URL:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

炭鉱町の小学校として、最盛期には1250名もの児童が通いながら、1981(昭和56)年に閉校した旧美唄市立栄小学校。その木造校舎には小さな灯りのように、1階に市立栄幼稚園が残っていました。園児の元気な声が響き渡る校舎1階に対して、2階の時間は止まったまま―かつて多くの児童が賑やかに過ごした教室や廊下を前に、彫刻家・安田侃は「目に見えないけれど、確かにここにあった『なにか』に寄り添うように彫刻を置くことができたら」と考えます。
校舎2階を再生して「ギャラリー」となったのは、1999(平成11)年のことです。かつての教室や廊下にぽつりぽつりと置かれた彫刻は今、訪れる人々を静かに迎えています。彫刻と木造校舎が織りなす空間は、なぜこんなにも人の心を惹きつけるのでしょう。
本展では、小学校として建てられてから今に至るまで、75年間の記憶が刻まれた木造校舎についてご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る