kagari yusuke(カガリユウスケ)「壁を纏う」西武池袋本店

kagari yusuke(カガリユウスケ)「壁を纏う」西武池袋本店

名称:kagari yusuke(カガリユウスケ)「壁を纏う」西武池袋本店
会期:2024年4月3日(水)~15日(月)
会場:2階(中央B7)=アート カプセル+
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目28−1
TEL:03-3981-0111(代表)
URL:西武池袋本店

壁布
サイズ:W2000×H1460mm
壁布 サイズ:W2000×H1460mm

壁、そして都市をテーマに独自性の高い作品を発表し続けるカバン作家カガリユウスケ。
本展では作家が採取したさまざまな都市の質感をプリントしたスカーフやバッグを展示・販売いたします。
【ステートメント】
「都市を歩き、都市を眺め、都市より採取したさまざまな質感たち。」
それらを身につけ、装うことができる作品をご紹介いたします。
[kagari yusuke/カガリユウスケ profile]
1984年生まれ。父は和紙作家の明松政二。2005年ごろから壁の写真を撮り始め、同時期に壁の質感を再現したカバンを作り始める。絵本作家・秋葉舞子の影響によりウエザリングを始める。
主な作品として革の上に建築材のパテを塗り、使用者が経年変化させる事で完成する「wall」、wallにウエザリング加工を施し、より壁の質感に近付けた「都市型迷彩」、革に激しいシワ加工を施した「skin」、カメラを用いて、街への視点をカバンにした「virtual wall」などがある。
個展
2007年 「wall」
2008年 「wall 02」
2010年 「2.5D」
2011年 「100年の壁」
2012年 「虚像の質感」
2013年 「都市型迷彩」
2015年 「Flower Of Wall」
2017年 「追複」
2018年 「under construction」
2019年 「crash」
2020年 「有機的な固体」
2021年 「装う壁」
2022年 「Hear the liminal sing」
2023年 「オブジェクトに感情を託せるか?」

壁布ジャカードストール
サイズ:W720×H1520mm
壁布ジャカードストール サイズ:W720×H1520mm
IMGトート
サイズ:W440×H485×D2mm
IMGトート サイズ:W440×H485×D2mm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る