「市野雅彦 展-素-」神戸阪急

「赤ドベ鉢」(幅45×奥行22×高さ36㎝)

名称:「市野雅彦 展-素-」神戸阪急
会期:2024年5月22日(水)〜27日(月)
会場:本館9階 催場 ※催し最終日は午後5時終了
住所:〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号
TEL:078-221-4181(代表)
URL:神戸阪急

丹波茶陶の伝統を受け継ぐ陶芸家の家に生まれた市野雅彦。丹波焼の伝統・風土を受け継ぎつつも、自分にしか作れない造形を模索した現代的意匠の作品は、国内外で高い評価を得ています。赤ドベと呼ばれる伝統的な釉薬を用いて、おおらかな素朴さの中に唯一無二の存在感と世界観を漂わせた最新作をご覧いただきます。

PROFILE
市野 雅彦(いちの まさひこ)
1961年、兵庫県に生まれる。
1995年、日本陶芸展 大賞-秩父宮賜杯 受賞。
1999年、日本の工芸「今」百選展 出展(三越エトワール、パリ・フランス ほか)。
2006年、日本陶磁協会賞 受賞。
2010年、第3回智美術館大賞 現代の茶ー造形の自由(菊池寛美記念 智美術館・東京)、現代工芸への視点-茶事をめぐって 出展(東京国立近代美術館工芸館)。
2011年、兵庫県文化賞 受賞。
2015年、近代工芸と茶の湯 出展 (東京国立近代美術館工芸館)。個展 市野雅彦―軌跡、丹波にて (兵庫陶芸美術館)。
2016年、個展 うつろのかたち-市野雅彦・陶展UTUWA(パラミタミュージアム・三重)。近代工芸と茶の湯Ⅰ出展(東京国立近代美術館工芸館)。
2020年、国立工芸館石川移転開館記念展I 工の芸術 : 素材・わざ・風土-出展(国立工芸館)。

「赤ドベ鉢」(幅45×奥行22×高さ36㎝)
「赤ドベ鉢」(幅45×奥行22×高さ36㎝)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る