「コレクション展 Ⅰ 白髪一雄生誕百年特別展示 – コレクションからザ・ベリー・ベスト・オブ・白髪一雄 – 」兵庫県立美術館

「コレクション展 Ⅰ 白髪一雄生誕百年特別展示 - コレクションからザ・ベリー・ベスト・オブ・白髪一雄 - 」兵庫県立美術館

名称:「コレクション展 Ⅰ 白髪一雄生誕百年特別展示 – コレクションからザ・ベリー・ベスト・オブ・白髪一雄 – 」兵庫県立美術館
会期:2024年4月25日(木)〜2024年7月28日(日)
会場:兵庫県立美術館
開館時間:10:00 〜 18:00
   ※最終入場17:30
休館日:月曜日
   4月30日、5月7日、7月16日は休館
   4月29日、5月6日、7月15日は開館
入場料:一般 500円、大学生 400円、70歳以上 250円
住所:〒651-0073兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
TEL:078-262-0901
URL:兵庫県立美術館

本年は、生地の尼崎で終生制作を続けた白髪一雄(1924-2008)の生誕100年にあたります。これを記念して、常設展示室2室を使い、所蔵作品のなかから白髪の優作、代表作を厳選して特別展示を行います。また、特別展「スーラージュと森田子龍」に連動して、2人の交流のあった1950年代から60年代にかけて、パリやニューヨークで制作した今井俊満、堂本尚郎、菅井汲、岡田謙三らの作品を展示します。森田子龍が刊行した雑誌『墨美』で紹介されるなど書と文字に関係の深いアレシンスキ―やタピエスの作品などの西洋版画のコレクションも展示しますので、特別展とあわせて見ていただくことで、共通の関心から出発した作者個々の表現をより楽しんでいただけることでしょう。
小磯良平記念室と金山平三記念室では、展示室の一部を使って小さなテーマを掘り下げ、展示室5と6では、それぞれ彫刻と絵画の名品を展示します。
アーティスト
白髪一雄、今井俊満、 堂本尚郎、菅井汲、岡田謙三 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る