「ズキューン!野村 直城展」大丸神戸店

「エビフリャーガール」 セラミック、101.5×35×75cm

名称:「ズキューン!野村 直城展」大丸神戸店
会期:2024年5月1日(水)→2024年5月7日(火)※最終日17時閉場
会場:8階 gallery TOART
住所:〒650-0037神戸市中央区明石町40番地
TEL: 078-331-8121
URL: 大丸神戸店

「パオ」

セラミック、28×13×13.5cm

ズキューン!
野村 直城展
5/1wed.→7tue.
緑豊かな山の中で、制作中にも感じる音や匂いや気配は、姿を見せない生きものたちの生活を私に想像させます。
一方で、日常の何気ない会話や、人やものとの出会いにも、心動かされる小さな発見があふれています。
そんな想像と発見が溶け合うと、頭の中でパチンパチンと物語が生まれ、たくさんの登場人物が私の中で動き始めます。
おぼろげな彼らの姿を紙に描きとめたら、土でかたちづくり、色を重ね、何度も焼きます。
意思を封印した表情、なだらかな曲面、不変の色と質感を身にまとい、彼らは現実世界に現れます。頭の中にいた彼らが、徐々に目の前に姿を現す過程に喜びと感動がムクムクと湧き起こります。
静かに何かを企んでいる彼らの姿から、物語の続きを想像していただけたらうれしいです。

野村 直城
「パオ」 セラミック、28×13×13.5cm ズキューン! 野村 直城展 5/1wed.→7tue. 緑豊かな山の中で、制作中にも感じる音や匂いや気配は、姿を見せない生きものたちの生活を私に想像させます。 一方で、日常の何気ない会話や、人やものとの出会いにも、心動かされる小さな発見があふれています。 そんな想像と発見が溶け合うと、頭の中でパチンパチンと物語が生まれ、たくさんの登場人物が私の中で動き始めます。 おぼろげな彼らの姿を紙に描きとめたら、土でかたちづくり、色を重ね、何度も焼きます。 意思を封印した表情、なだらかな曲面、不変の色と質感を身にまとい、彼らは現実世界に現れます。頭の中にいた彼らが、徐々に目の前に姿を現す過程に喜びと感動がムクムクと湧き起こります。 静かに何かを企んでいる彼らの姿から、物語の続きを想像していただけたらうれしいです。 野村 直城

緑豊かな山の中で、制作中にも感じる音や匂いや気配は、姿を見せない生きものたちの生活を私に想像させます。
一方で、日常の何気ない会話や、人やものとの出会いにも、心動かされる小さな発見があふれています。
そんな想像と発見が溶け合うと、頭の中でパチンパチンと物語が生まれ、たくさんの登場人物が私の中で動き始めます。
おぼろげな彼らの姿を紙に描きとめたら、土でかたちづくり、色を重ね、何度も焼きます。
意思を封印した表情、なだらかな曲面、不変の色と質感を身にまとい、彼らは現実世界に現れます。頭の中にいた彼らが、徐々に目の前に姿を現す過程に喜びと感動がムクムクと湧き起こります。
静かに何かを企んでいる彼らの姿から、物語の続きを想像していただけたらうれしいです。
野村 直城

「エビフリャーガール」 セラミック、101.5×35×75cm
「エビフリャーガール」 セラミック、101.5×35×75cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る