「北川智浩 作陶展」札幌三越

【白磁水氷文食籠】幅22×高さ11.5cm

名称:「北川智浩 作陶展」札幌三越
会期:2024年6月25日(火) ~ 2024年7月1日(月)
場所:本館9階 三越ギャラリー(Aギャラリー) ※最終日は午後4時終了
住所:〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目-8
TEL: 011-271-3311(代表)
URL: 札幌三越

“桃白磁”(とうはくじ)は、白磁素地に金属を象嵌し、その金属と釉薬が焼成での反応を経て、ピンクとグレーを発色する技法です。白磁は、氷柱をモチーフに素地を削り出しています。札幌三越2年ぶり6回目の本展は、花器、茶道具、食の器など約100点を展示・販売いたします。北海道の自然から受けたインスピレーションを作品として表現する北川智浩氏の作品をどうぞご高覧ください。

北川智浩(きたがわ ともひろ)
1967年 北海道生まれ
1995年 野中春利氏(横浜市)に師事
2002年 北海道江別市にて築窯、独立
2004年 伝統工芸新作展入選(以後15回)
2008年 日本伝統工芸展入選(以後6回)
2014年 個展 札幌三越(2016年・2018年・2020年)
2018年 陶美展入選(以後1回)
2019年 菊池ビエンナーレ入選
◆受賞歴
日本陶磁協会「現代陶芸奨励賞北海道展」奨励賞(2016年)
北海道文化奨励賞(2020年)
現在 (公社)日本工芸会正会員、(公社)日本工芸会東日本支部北海道研究会代表
工房:北海道江別市

【白磁水氷文食籠】幅22×高さ11.5cm
【白磁水氷文食籠】幅22×高さ11.5cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る