「千変万化のきらめき 嵐山、そして水のある風景(後期展示)」サイトウミュージアム

「嵐山、そして水のある風景」サイトウミュージアム

名称:「千変万化のきらめき 嵐山、そして水のある風景(後期展示)」サイトウミュージアム
会期:2024年05月10日~2024年07月15日
会場:サイトウミュージアム
開館時間:10:00~17:00
休館日:月曜日から木曜日、ただし7月15日(月)は祝日のため開館
観覧料:一般500円、シニア(65歳以上)400円、高大生300円、中学生100円、小学生以下無料、障がい者手帳等をお持ちの方は200円割引
住所:〒515-0082 三重県松阪市魚町1807-1
TEL:0598-21-1111
URL:サイトウミュージアム

「嵐山、そして水のある風景」サイトウミュージアム
「千変万化のきらめき 嵐山、そして水のある風景(後期展示)」

京都西部に位置する嵐山一帯は、風光明媚な観光地として親しまれています。かつては丹波の材木を京の都に運ぶ筏流しが桂川で見られ、嵐山の自然と人との四季折々の姿は多くの画家を魅了しました。今回の展覧会ではコレクションの中から嵐山に取材した絵画をご紹介するほか、嵐峡の情景にちなんで海や湖などを描いた風景画をあわせて展示します。
暮らしに欠かせない水と人との関係が織りなす風景、季節や天候、時間によってさまざまな変化を見せる表情は、無常と永遠とを同時に感じさせる魅力の尽きない題材となっています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る