「第58回 西部伝統工芸展」福岡三越

「第58回 西部伝統工芸展」福岡三越

名称:「第58回 西部伝統工芸展」福岡三越
会期:2024年5月29日(水) ~ 2024年6月3日(月)
会場:福岡三越 9階 「三越ギャラリー」
開館時間:10:00 〜 19:00
入場料:一般 2500 円、大学生・高校生 2000 円、中学生・小学生 1500円
   ※原則、本展会期中は「全日日時指定券」の事前購入が必要となります。
住所:〒810-8544 福岡市中央区天神2-1-1
TEL:092-724-3111
URL: 福岡三越

日本工芸会賞

久留米絣着物「清風」 手島 博美 (染織)
日本工芸会賞
久留米絣着物「清風」 手島 博美 (染織)

九州・山口・沖縄には、古くから伝えられた多彩で優れた工芸技術があります。本展はこの伝統的な技術を受け継ぎ、練磨し、現代的美意識のもと今日の暮らしに即した新しい物をつくり上げることを目的とした展覧会です。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸(硯、截金、七宝など)の7部門の公募作品のうち、「自由作品の部」と「用と美の部」の入賞、入選作品270点を展示いたします。多くの方にご高覧いただき、現代という時代に向き合い、伝統工芸の新しい方向性を探ってまいりたいと存じます。
◎主催:公益社団法人日本工芸会、公益社団法人日本工芸会西部支部、朝日新聞社
◎後援:文化庁、山口・佐賀・大分・沖縄各県、福岡・熊本・宮崎各県教育委員会、福岡・熊本各市、福岡市教育委員会、 西日本新聞社、沖縄タイムス社、KBC、KKB鹿児島放送、KAB熊本朝日放送、OAB大分朝日放送、NCC長崎文化放送、QAB琉球朝日放送、朝日カルチャーセンター、NHK福岡放送局
※お子さまの安全のため、小学生以下の方は必ず保護者の方ご同伴でご入館ください。
[展示内容]●陶芸 ●染織 ●漆芸 ●金工 ●木竹工 ●人形 ●諸工芸 (硯、截金、七宝など)
作品解説
[期間中、毎日正午から会場にて開催] (各回約40分)
5月29日(水) 〈陶芸〉 福島 善三 (重要無形文化財保持者、日本工芸会西部支部幹事長)
5月30日(木) 〈染織〉 山村 省二 (日本工芸会西部支部幹事、58回展鑑査委員 (自由作品の部))
5月31日(金) 〈陶芸〉 酒井田 柿右衛門 (日本工芸会西部支部常任幹事、58回展鑑査委員 (自由作品の部))
6月1日(土) 〈人形〉 中村 信喬 (日本工芸会西部支部副幹事長、58回展鑑査委員 (自由作品の部))
6月2日(日) 〈染織〉 築城 則子 (日本工芸会西部支部副幹事長、58回展鑑査委員 (用と美の部))
6月3日(月) 〈木竹工〉 岐部 笙芳 (日本工芸会正会員)

西日本新聞社賞

小倉織絣入帯「雨水」 遠藤 聡子 (染織)
西日本新聞社賞
小倉織絣入帯「雨水」 遠藤 聡子 (染織)
日本工芸会西部支部長賞

欅造盛器 戸田 純一 (木竹工)
日本工芸会西部支部長賞
欅造盛器 戸田 純一 (木竹工)
福岡市長賞

截金飾筥「燈光」 江里 朋子 (諸工芸)
福岡市長賞
截金飾筥「燈光」 江里 朋子 (諸工芸)
KBC賞

陶彫彩色「余韻」 溝口 堂央 (人形)
KBC賞
陶彫彩色「余韻」 溝口 堂央 (人形)
岩田屋三越賞 銀製首飾「静星」 藤澤 典子 (金工) / 西山 英子 (染織)
岩田屋三越賞 銀製首飾「静星」 藤澤 典子 (金工) / 西山 英子 (染織)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る