「松本和明・宮崎佐和子和うるし展」阪神梅田本店

宮 崎佐和子 五寸丸重箱 「とらちゃん」径 約15×19cm 国産漆100%、栃、朱、金箔、銀箔、銀泥 等

名称:「松本和明・宮崎佐和子和うるし展」阪神梅田本店
会期:2024年6月19日(水)→25日(火)※最終日は午後5時終了
時間:10時〜20時
会場:8階 ハローカルチャー2
※催し最終日は午後5時終了
住所:〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
TEL: 06-6345-1201
URL:阪神梅田本店

松本和明
「生木団栗暈し塗り(風里)」
径 約19×5.8cm
国産漆100%(岩手県産、香川県産)、小楢
松本和明 「生木団栗暈し塗り(風里)」 径 約19×5.8cm 国産漆100%(岩手県産、香川県産)、小楢

国産漆(和うるし)の魅力にとりつかれて20年以上、香川県で創作活動を続ける漆作家夫婦による二人展です。松本和明は、自身のウルシ畑を持ち、漆掻きをしながら原木からの作品作りにも挑んでいます。宮崎佐和子は、国産漆の表現力に魅せられ、主に絵付け作品・漆絵画に取り組み、新しい表現方法に取り組んでいます。そんな二人が織りなす、器や多彩なカトラリー、漆絵画などをご覧ください。
PROFILE 松本和明
1970年 香川県高松市出身。塗師の父より幼少の頃から仕事を教わる。香川県漆芸研究所の研究生・研究員を修了。2000年 文化庁の委任団体日本うるし掻き技術保存会の研修生として岩手県に赴き、うるし掻きの技術を習得。2005年『平成17年度文化庁新進芸術家国内研修制度』の研修者となる。文化庁委任団体 日本うるし掻き技術保存会正会員。
PROFILE 宮崎佐和子
1969年 香川県丸亀市出身。高松工芸高校卒業。出版社勤務ののち、香川県漆芸研究所の研究生を修了。2000年 香川県の国内研修制度の研修生として、 東京都青梅市の朱文筵工房と岩手県安代漆器センターにて生活の器作りを学ぶ。各地でうるし掻きを体験し、2001年 松本和明とともに工房を開く。現在は、主にうるしの絵画を手がけている。日本文化財漆協会会員。

宮 崎佐和子 五寸丸重箱 「とらちゃん」径 約15×19cm 国産漆100%、栃、朱、金箔、銀箔、銀泥 等
宮 崎佐和子 五寸丸重箱 「とらちゃん」径 約15×19cm 国産漆100%、栃、朱、金箔、銀箔、銀泥 等

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る