企画展・特別展「美の交差点 博覧会とあきたの工芸」秋田県立博物館

名称:企画展・特別展「美の交差点 博覧会とあきたの工芸」秋田県立博物館

会期:2024427(土曜日)から2024630(日曜日)まで

会場: 秋田県立博物館

開館時間:930分から1630分まで

休館日:毎週月曜日

ただし休日と重なったときはその次の平日

入館料:無料

住所:〒010-0124秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
TEL:018-873-4121
URL:秋田県立博物館

明治期の博覧会は、様々な美術作品や生産物品などを展示・公開することで、人々の知見を高め、販路拡大や産業振興を進めることを目的とした催しでした。

明治政府が初めて博覧会に出品したのは、明治6年のウィーン万国博覧会でした。秋田の工芸もこの時、海を渡り、世界への扉が開かれました。明治期の博覧会の記録には、相当数の本県関係による工芸品出展と、博覧会を起点としたデザインの変容や市場の拡大の様子が見られます。本展では、秋田の工芸について、博覧会との出会いとそれによる進化という今までにない視点から、歴史的背景などとともにご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る