「遠距離現在 Universal / Remote」広島市現代美術館

「遠距離現在 Universal / Remote」広島市現代美術館

名称:「遠距離現在 Universal / Remote」広島市現代美術館
会期:2024年6月29日(土)~2024年9月1日(日)
会場:広島市現代美術館
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日、7月16日(火)、8月13日(火)
   ※ただし7月15、8月12日は開館 
観覧料:一般 1,300円 (1,000円)
    大学生 950円 (750円)
    高校生・65歳以上 50円 (500円)
    中学生以下 無料
    ※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
住所:〒732-0815広島市南区松原町9-1
TEL:082-264-1121
URL:広島市現代美術館

木浦奈津子《こうえん》2021
© Natsuko Kiura
Courtesy of the artist
Photo © EUREKA
木浦奈津子《こうえん》2021 © Natsuko Kiura Courtesy of the artist Photo © EUREKA

20世紀後半以降、人、資本、情報の移動は世界規模に広がりました。2010年代から本格化したスマートデバイスの普及とともに、オーバーツーリズム、生産コストと環境負担の途上国への転嫁、情報格差など、グローバルな移動に伴う問題を抱えたまま、私たちは2020年代を迎えました。そして、2020年に始まった国境のないパンデミックにより、人の移動が不意に停止されたものの、資本と情報の移動が止まる気配はありませんでした。かえって、資本や情報の本当の姿が見えてくるようになったと思えます。豊かさと貧しさ。強さと弱さ。私たちの世界のいびつな姿はますます露骨に、あらわになるようです。
展覧会タイトル「遠距離現在 Universal / Remote」は、資本と情報が世界規模で移動する今世紀の状況を踏まえたものです。監視システムの過剰や精密なテクノロジーのもたらす滑稽さ、また人間の深い孤独を感じさせる作品群は、今の時代、あるいはポストコロナ時代の世界と真摯に向き合っているようにも見えます。本展は、「Pan- の規模で拡大し続ける社会」、「リモート化する個人」を軸に、このような社会的条件が形成されてきた今世紀の社会の在り方について取り組んだ8名と1組の作品を紹介します。
◆ 出品作家
井田大介、徐冰(シュ・ビン)、トレヴァー・パグレン、ジョルジ・ガゴ・ガゴシツェ、ヒト・シュタイエル、ミロス・トラキロヴィチ、地主麻衣子、ティナ・エングホフ、チャ・ジェミン、エヴァン・ロス、木浦奈津子

井田大介《誰が為に鐘は鳴る》2021
© Daisuke Ida
Courtesy of the artist
井田大介《誰が為に鐘は鳴る》2021 © Daisuke Ida Courtesy of the artist
徐冰(シュ・ビン)《とんぼの眼》2017
© Xu Bing Studio
Courtesy of the artist
徐冰(シュ・ビン)《とんぼの眼》2017 © Xu Bing Studio Courtesy of the artist
トレヴァー・パグレン《米国家安全保障局(NSA)が盗聴している光ファイバーケーブルの上陸地点、米国ニューヨーク州マスティックビーチ》2015
© Trevor Paglen
Courtesy of the artist; Altman Siegel, San Francisco; Pace Gallery, New York
トレヴァー・パグレン《米国家安全保障局(NSA)が盗聴している光ファイバーケーブルの上陸地点、米国ニューヨーク州マスティックビーチ》2015 © Trevor Paglen Courtesy of the artist; Altman Siegel, San Francisco; Pace Gallery, New York
ジョルジ・ガゴ・ガゴシツェ、ヒト・シュタイエル、ミロス・トラキロヴィチ《ミッション完了:ベランシージ》2019
展示風景:「ヒト・シュタイエル」ノイエ・ベルリナー・クンストフェライン(n.b.k.)、2019
Courtesy of the artists; Neuer Berliner Kunstverein, Berlin; Andrew Kreps Gallery, New York; Esther Schipper, Berlin
Photo © Neuer Berliner Kunstverein (n.b.k.) / Jens Ziehe
ジョルジ・ガゴ・ガゴシツェ、ヒト・シュタイエル、ミロス・トラキロヴィチ《ミッション完了:ベランシージ》2019 展示風景:「ヒト・シュタイエル」ノイエ・ベルリナー・クンストフェライン(n.b.k.)、2019 Courtesy of the artists; Neuer Berliner Kunstverein, Berlin; Andrew Kreps Gallery, New York; Esther Schipper, Berlin Photo © Neuer Berliner Kunstverein (n.b.k.) / Jens Ziehe
地主麻衣子《遠いデュエット》2016
© Maiko Jinushi
Courtesy of HAGIWARA PROJECTS
地主麻衣子《遠いデュエット》2016 © Maiko Jinushi Courtesy of HAGIWARA PROJECTS
ティナ・エングホフ《心当たりあるご親族へ――男性、1954年生まれ、自宅にて死去、2003年2月14日発見》2004
© Tina Enghoff
Courtesy of the artist
ティナ・エングホフ《心当たりあるご親族へ――男性、1954年生まれ、自宅にて死去、2003年2月14日発見》2004 © Tina Enghoff Courtesy of the artist
チャ・ジェミン《迷宮とクロマキー》2013
© Jeamin Cha
Courtesy of the artist
チャ・ジェミン《迷宮とクロマキー》2013 © Jeamin Cha Courtesy of the artist
エヴァン・ロス《あなたが生まれてから》2023 展示風景:「あなたが生まれてから」ジャクソンビル現代美術館、2019 © Evan Roth Courtesy of the MOCA Jacksonville Photo by Doug Eng
エヴァン・ロス《あなたが生まれてから》2023 展示風景:「あなたが生まれてから」ジャクソンビル現代美術館、2019 © Evan Roth Courtesy of the MOCA Jacksonville Photo by Doug Eng

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る