「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館

「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館

名称:「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
会期:2024年6月15日(土)~2024年8月18日(日)
   会期中、一部展示作品の入れ替えを行います
会場:北斎館
時間:9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:会期中無休 
観覧料:大人 1,000円
   高校生 500円
   小中学生 300円
   小学生未満 無料
   ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方(1名)は半額で入館できます
   ※20名様以上で団体割引があります。団体での来館の際は、事前に美術館までお問合わせください
   団体料金:一般 900円 / 高校生 450円 / 小中学生 270円
住所:〒381-0201長野県上高井郡小布施町小布施485
TEL:026-247-5206
URL:北斎館

「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館

2024年7月、新たに発行される千円札に「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のデザインが採用されます。本作は、葛飾北斎の代表作として知られていますが、その背景には北斎のさまざまな画法を学ぼうとする探究心、己の絵を発展させようとする向上心がありました。
北斎の壮年期にあたる春朗期・宗理期(44歳まで)は、生涯において最も多くの画法を吸収した時代といえるでしょう。狩野派や土佐派、唐絵などを学び、二代目俵屋宗理として琳派を継承するなど、当時の北斎はさまざまな画法を習得し、自らの絵を進化させていきます。中でも⻄洋絵画に対する関心は高かったようで、「浮絵一ノ谷合戦坂落之図」のような透視図法(遠近法)を用いた作品が春朗の時代に発表されています。北斎は、それ以降も積極的に⻄洋絵画の画風を取り入れた作品を発表し、その作画経験が天保年間初頭の「冨嶽三十六景」をはじめとする「風景版画」の揃物を生み出す土台となっています。
「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」に見られる特徴的な波の表現も、北斎の進化において欠かすことができないポイントです。波は、北斎が何十年という歳月を費やしながら、その様相を変化させてきました。『鎮⻄八郎為朝外伝 椿説弓張月』では船や兵を飲み込むほどの連続的な波を描き、『北斎漫画』では「寄浪」「引浪」2種類の波の様相を紹介しています。「神奈川沖浪裏」に至って、波の表現はひとつの頂点を極めますが、北斎はさらに進化を求め、続く『富嶽百景』の「海上の不二」では大波のスケールを拡大した大胆な作品を発表します。その約10年後、信州小布施を訪れた北斎は、当地に上町祭屋台天井絵「男浪」「女浪」を遺しました。「怒濤図」とも称される本作は、それまでの風景画とは異なり波そのものが印象的に描かれています。北斎の波は進化して、本作でついにその極地へ至ったとも考えられる逸品です。
本展では、北斎70年の画業を回顧しつつ、進化を目指す絵師北斎の姿に迫ります。今回の新紙幣発行によって、より身近になった北斎作品の数々をお楽しみください。

葛飾北斎「浮絵一ノ谷合戦坂落之図」北斎館所蔵
葛飾北斎「浮絵一ノ谷合戦坂落之図」北斎館所蔵
葛飾北斎『北斎漫画』十二編より「風」北斎館所蔵
葛飾北斎『北斎漫画』十二編より「風」北斎館所蔵
芍薬亭長根編、葛飾北斎・喜多川歌麿画「春の曙」北斎館所蔵
芍薬亭長根編、葛飾北斎・喜多川歌麿画「春の曙」北斎館所蔵
曲亭馬琴作・葛飾北斎画「鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月」北斎館所蔵
曲亭馬琴作・葛飾北斎画「鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月」北斎館所蔵
葛飾北斎『富嶽百景』より「海上の不二」北斎館所蔵
葛飾北斎『富嶽百景』より「海上の不二」北斎館所蔵
葛飾北斎「日新除魔 閏九月廿一日」北斎館所蔵
葛飾北斎「日新除魔 閏九月廿一日」北斎館所蔵
葛飾北斎「二美人」北斎館所蔵
葛飾北斎「二美人」北斎館所蔵
葛飾北斎「富士越龍」北斎館所蔵
葛飾北斎「富士越龍」北斎館所蔵
葛飾北斎「上町祭屋台天井絵 男浪」北斎館寄託
葛飾北斎「上町祭屋台天井絵 男浪」北斎館寄託
葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」北斎館所蔵
葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」北斎館所蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る