太田由美 「めぐるめぐる」木之庄企畫

太田由美 「めぐるめぐる」木之庄企畫

名称:太田由美 「めぐるめぐる」木之庄企畫
会期:2024年6月13日(木)〜2024年6月26日(水)
開館時間:12:00 〜 18:00
   日曜日・最終日は17:00まで
休館日:月曜日
入場料:無料
会場:木之庄企畫
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-11-11 宝永ビル101
電話:03-6262-3558
URL:木之庄企畫

「めぐるめぐる」
始まりから終わりへ、生から死へ、春から冬へ、そしてまた、終わりから始まりへ
循環する、途中に自分がいる、その途中(今)を受け入れ、許して、今を描く、
今の自分が描けるものに向き合うことを大切に制作する。
今回の個展の大きなテーマは“受け入れて、許す” そして生きていく、描いていく、ということを表現したいと思っています。

太田由美 Yumi Ohta
京都芸術短期大学ファッションデザイン科卒業 卒業制作奨励賞受賞
絵画、立体、コトバ、インスタレーションの分野で活動中
<アーティストステイトメント>
私は生きている中で生まれる感情や感覚をカタチにしています。
自分自身を通して、様々な世界からの影響を噛み砕く中で、出てくるエネルギーとしての感情や感覚を一旦無意識化し、キャラクターやカタチが生まれます。
私の作品に出てくるキャラクターには様々な意味が含まれています。
例えば、メインキャラクターの金髪碧目のルビーは「元気」の象徴、ルビーの双子金髪緑目のルルは「内向」の象徴、ドクロは毒、ウサギはコアの弱い部分、ユニコーンは強さ、エネルギーの象徴などです。
制作し、発表することによって、私以外の方からの客観的な指摘から、現在の自分自身のことを知ることもあり、驚いたりもしますし、その時点でようやく私の中では作品が完成したとも言えます。
<主な個展>
2019 木之庄企畫にて個展「まぐれ、肯う」(銀座)
2018 matogaにて個展「Spiral」(高円寺)
2014 マーガレットステーションにて個展「瞬くあいだ」(滋賀)
2013 スペクトラムギャラリーにて個展「夢におちる」(大阪)
2012 スペクトラムギャラリーにて個展「愛色」(大阪)
2011  D+5 ART Galleryにて個展 「種と卵」(新潟)
2010 スペクトラムギャラリーにて個展「Passion for Life」(大阪)
2009 アートコンプレックスセンターにて個展「愛と毒」(信濃町)
2009 木之庄企畫にて個展「太田由美個展2009」(銀座)
2008 デザインフェスタギャラリーにて個展「ひとりたび」(原宿)
2006 CASPER`S Galleryにて個展「感情」(中目黒)
2005 デザインフェスタギャラリーにて個展「愛の病」(原宿)
2004 ギャラリーメゾンダールにて個展「激刺・出版記念個展」(大阪)
2002 ギャラリーメゾンダールで個展「オールヌード」(大阪)
<主なグループ展>
2022 阪急梅田本店「Kawaiii~Art展」(大阪)
2021 東急本店にて「ジャパニーズ・ポップカルチャー展」(渋谷)
2020 小田急百貨店新宿店「現代アートと巨匠たち展」(新宿)
2011 阪急梅田本店 「Hankyu meets art summer」(大阪)
2005 フランス パリ M.P.B(メゾンダールパリブランチ)にて3人展(フランス)
2003 NYウイリアムズバーグ アート&ヒストリカルセンターにてキャラクタリズム展(NY)
<コレクション・収蔵>
ピゴッチ・コレクション
滋賀県立能登川高等学校
滋賀県東近江市立愛東中学校
希望ヶ丘文化公園
<その他の活動>
巨大壁画制作、巨大インスタレーション、ライブペイント、車にペイント、ラッピングカー、看板、CD、DVDジャケットやフライヤー、映画や映像に使われる絵画や造形物の制作、絵画講師など。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る