「彫刻家 遠藤昭吾と日本画家 伊藤有光展」天童市美術館

「彫刻家 遠藤昭吾と日本画家 伊藤有光展」天童市美術館

名称:「彫刻家 遠藤昭吾と日本画家 伊藤有光展」天童市美術館
会期:2024年6月20日(木)〜7月21日(日) 
会場:天童市美術館
観覧料金:一般420円
休館日:月曜日(7月15日は開館)、7月16日
主催:天童市、公益財団法人天童市文化・スポーツ振興事業団
共催:天童市教育委員会
住所:〒994-0013山形県天童市老野森1-2-2
TEL:023-654-6300
URL:天童市美術館

遠藤昭吾(1930~2020)は、山形県東村山郡天童町(現在の天童市久野本)に生まれた。美術教師をしながら天童市内の美術団体・村山美術に所属。山形市の彫刻家・長橋阿久於のもとで指導を受け、裸婦像や孫たちの肖像を山形県総合美術展(県美展)や東北現代美術協会(北展)で発表した。また、村山美術では会長・名誉会長を務めた。
伊藤有光(本名:光太/1948~)は、山形県東村山郡天童町(現在の天童市田鶴町)に生まれた。表具師として仕事をしながら日本画を独学し、天童市内の美術団体・宝樹社と村山美術に所属。風景作品を多く制作し、春光会展を中心に作品を発表している。また、宝樹社会長と天童市芸術文化協会会長を務め、現在は村山美術会長として活躍している。
本展では、天童市の芸術文化の振興のために大きく貢献する二人の業績と作品を紹介する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る