「CLAMP展」国立新美術館

「CLAMP展」国立新美術館

名称:「CLAMP展」国立新美術館
会期:2024年7月3日(水)~2024年9月23日(月・振)
会場:国立新美術館
時間:10:00~18:00
   ※毎週金・土曜日は20:00まで
   ※入場は閉館の30分前まで
休館日:火曜日 
観覧料:【開幕記念特別観覧日:要予約】
   7月3日(水)~7月5日(金)
   ※ 7月3日(水)~5日(金)は開幕記念限定チケットをお持ちの方のみご入場いただけます。開幕記念限定チケットの申込は終了しております。
   ◆ 早割チケット
   一般 1,900円
   大学生 1,200円
   高校生 800円
   ◆ 一般チケット
   一般 2,100円
   大学生 1,400円
   高校生 1,000円
   ※中学生以下は入場無料
   ※障害者手帳を持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
  ※8月19日(月)~25日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)但し8月20日(火)は休館
主催:国立新美術館、CLAMP展製作委員会
協賛:株式会社ローソンエンタテインメント、TOPPAN株式会社、株式会社メトロアドエージェンシー
後援:六本木商店街振興組合
住所:〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル
URL:国立新美術館

「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館

少年漫画、少女漫画、青年漫画を横断して多様な漫画作品を世に送り出し、またときには漫画という枠を超えて独自の表現を追求し続けてきた女性4人の創作集団CLAMP。国立新美術館で開催される漫画家の個展としては2回目となる本展は、デビュー作『聖伝-RG VEDA-』から最新作『カードキャプターさくら クリアカード編』までの23作品を網羅した約800点のカラー・モノクロ原画を展示する、これまでにない大規模な展覧会となります。
「C」「L」「A」「M」「P」を頭文字とした「COLOR」「LOVE」「ADVENTURE」「MAGIC」「PHRASE」のテーマでCLAMPの作品世界を巡る展示構成を中心に、漫画以外の創作活動を含めた多岐にわたる画業の歴史を関連資料で紹介する「IMAGINATION」、本展のために特別に描き下ろされたカラーイラストが堪能できる「DREAM」の、7つのエリアで35年の創作活動の軌跡をたどります。CLAMPがこれまで年齢・性別・国を超えて読者たちを魅了し、届けてきたメッセージを改めて紐解く体験へ、みなさまをご案内します。
CLAMP プロフィール
いがらし寒月、大川七瀬、猫井、もこなの4名からなる創作集団。
1989年「サウス」第3号(新書館)にて、『聖伝-RG VEDA-』で商業誌デビュー。以降、『東京BABYLON』『X -エックス-』『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』『ANGELIC LAYER』『ちょびっツ』『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』『xxxHOLiC』『こばと。』『GATE 7』『ドラッグ&ドロップ』など、少女誌、少年誌、青年誌で作品を発表。
アニメ作品の『コードギアス』シリーズ、『カードファイト!! ヴァンガード overDress』『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』ではキャラクターデザイン原案、Production I.GとCLAMPのコラボレーション作品『BLOOD-C』シリーズではシリーズ構成と脚本、 自作『カードキャプターさくら』ではシリーズ構成、脚本、衣装デザインを担当。
©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD.
©C,ST/CEP

「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館
「CLAMP展」国立新美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る