「調布メディアアートラボ  pook 展 WAYPOINTS ~ふしぎの空路~」調布市文化会館たづくり展示室

「調布メディアアートラボ  pook 展 WAYPOINTS ~ふしぎの空路~」調布市文化会館たづくり展示室

名称:「調布メディアアートラボ  pook 展 WAYPOINTS ~ふしぎの空路~」調布市文化会館たづくり展示室
会期:2024年07月12日~2024年10月14日
会場:調布市文化会館たづくり展示室
開館時間:10:00~18:00
休館日:7月22日(月)・23日(火)、8月26日(月)・27日(火)、9月24日(火)~27日(金)
観覧料:無料
住所:〒182-0026東京都調布市小島町2-33-1
TEL:042-441-6150
URL:調布市文化会館たづくり展示室

デジタル・テクノロジーを利用した芸術表現、 メディアアートを紹介する 「調布メディアアートラボ」。 今回は、“不思議をつくる”体験型展示アーティスト ・ pook (プック) による展示を開催します。
声が光に変わったり、手で押すと光が飛び出したり、 動きにあわせて目で追いかけられたり… pook の作品は私たちのアクションから始まります。 本展では展示室全体を飛行機や気球の通り道「空路」に見立て、不思議な体験ができる8つの WAYPOINTS (ウェイポインツ)=経由地点をめぐります。
声を入れたり、手で押したり、目で追ったり…それぞれのポイントを全身で体感しながら、ものづくりやメディアアートの魅力に触れてみてください。
【作家プロフィール】
pook
pook は本多大和による “不思議をつくる” 体験型展示のひとりスタジオ。
デジタル技術とクラフトワークによる、オリジナルの体験制作に取り組んでいます。
本多大和
インタラクティブデザイン及び企画ディレクションを経験した面白法人カヤックから独立後、2018 年 4 月頃からオリジナルの体験型アート作品の制作を本格的に開始。 「魔法の美術館 (2018 ~)」 「Museum of The Moon(2022/ ドバイ)」 など、 国内外の展示施設・芸術イベントで展示経験を重ね、 「第 25 回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品 (2022)」 「2021 アジアデジタルアート大賞展 FUKUOKA 一般 /エンターテインメント部門大賞 (2021)」 などを受賞

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る