「手紙の世界-龍馬で古文書ことはじめ-」展ー高知県立坂本龍馬記念館

「手紙の世界-龍馬で古文書ことはじめ-」展ー高知県立坂本龍馬記念館

名称:「手紙の世界-龍馬で古文書ことはじめ-」展ー高知県立坂本龍馬記念館
開催期間:2020年7月7日(火)~2020年9月22日(火・祝)
住所:〒781-0262高知県高知市浦戸城山830
TEL:088-841-0001
URL:高知県立坂本龍馬記念館

龍馬を語る上で”紙”の存在は避けて通れない。龍馬は多くの手紙を遺しており、それが龍馬関係資料の根幹をなしている。紙資料の代表というべき手紙をはじめとする古文書は、書かれた文字(内容)に注目されがちだが、その周辺に注目すれば、紙の形や色、折り方、文字が書かれる位置など、紙の使い方そのものに意味があることが理解できる。幕末を中心とした古文書類の展示を通じて、紙資料の魅力と奥深さを紹介する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る