特別展「薩摩と土佐-雄藩がたどった近代化の道-」展ー高知県立坂本龍馬記念館

特別展「薩摩と土佐-雄藩がたどった近代化の道-」展ー高知県立坂本龍馬記念館

名称:特別展「薩摩と土佐-雄藩がたどった近代化の道-」展ー高知県立坂本龍馬記念館
開催期間:【前期】2020年10月6日(火)~2020年11月9日(月)
    【後期】2020年年11月14日(土)~2020年12月13日(日)
住所:〒781-0262高知県高知市浦戸城山830
TEL:088-841-0001
URL:高知県立坂本龍馬記念館

幕末維新期に重要な政治的リーダーであった薩摩と土佐は、ともに「雄藩」と呼ばれ、人的交流も多い。本展では、帰国時に薩摩藩の取調を受け、同藩の開成所教授に招かれたジョン万次郎(中濱万次郎)、吉田東洋暗殺後、薩摩藩士として英国に留学した高見弥市(大石団蔵)、薩摩藩の庇護を受け、薩長同盟の仲立ちをした坂本龍馬の3人の土佐人を軸に、両藩が明治維新において果たした役割を再考したい。〈国指定重要文化財を展示予定〉

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る