「国立西洋美術館コレクションによる 高岡で考える西洋美術――〈ここ〉と〈遠く〉が触れるとき」高岡市美術館

「国立西洋美術館コレクションによる 高岡で考える西洋美術――〈ここ〉と〈遠く〉が触れるとき」高岡市美術館

名称:「国立西洋美術館コレクションによる 高岡で考える西洋美術――〈ここ〉と〈遠く〉が触れるとき」高岡市美術館
開催期間:2021年9月10日(金)~10月24日(日)
住所:〒933-0056 富山県高岡市中川1-1-30
TEL:0766-20-1177
URL:高岡市美術館https://www.e-tam.info/
 国立西洋美術館は1959年に松方コレクションを基礎に開館、中世末期から20世紀初頭までの西洋の美術作品の収集を行っています。本展では、同館のコレクション形成史に触れつつ、西洋のルネサンスから20世紀初頭までの優品をご紹介するとともに、異なる地域の背景を持ちながら1951年に創立された高岡市美術館のコレクションと並べて展示し、これらを双方向的に照らし合わせる新たな試みによって、歴史あるそれぞれのコレクションの意義、地域と美術の関係性をあらためて問い直します。日本が西洋への扉を開いた明治時代、高岡は二人の先駆者を輩出しました。1900年パリ万国博覧会の事務局長を務めた林忠正と、留学先で彫刻家・ロダンにめぐりあった本保義太郎。彼らを手掛かりに、近代以降の日本に流入した西洋美術の源流を探ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る