「北海道の日本画家たち 小林コレクションⅠ」市立小樽美術館

「北海道の日本画家たち 小林コレクションⅠ」市立小樽美術館

名称:「北海道の日本画家たち 小林コレクションⅠ」市立小樽美術館
会期:2021年3月13日(土)~5月16日(日)
開館時間:9:30~17:00(最終入館16:30まで)
休館日:月曜日(祝日を除く)
会場:市立小樽美術館 2階企画展示室
観覧料:一般 700 (560) 円
   高校生・小樽市在住70歳以上の方 350 (280) 円
   中学生以下無料
   ※( )内は20名以上の団体料金、
住所:〒047-0031 小樽市色内1丁目9-5
TEL:0134-34-0035・FAX:0134-32-2388
URL:市立小樽美術館

「北海道の日本画家たち 小林コレクションⅠ」市立小樽美術館
「北海道の日本画家たち 小林コレクションⅠ」市立小樽美術館

市立小樽美術館は、札幌の個人蒐集家、小林氏のコレクションを

一堂に披露するはじめての機会に恵まれ、

二期にわけてご紹介することといたしました。

札幌在住の小林氏は、小樽出身の院展同人・筆谷等観をはじめ、

北海道にゆかりのある優れた日本画作品を四半世紀にわたって、

収集してこられました。

収集対象は、北海道に画壇が形成される以前の草創期から、

戦中・戦後を経て、現代日本画壇で華やかに活躍した画家に至るまで、

広範囲にわたっています。

第Ⅰ期となる本展は、日本画の伝統のほとんどない北海道に移住した優れた指導者たち、

続いて道展日本画部に加わった創立会員と美術学校出身者、在京美術家たちを展覧します。

さらに道内外の刺激を受けて、日本画を志した後進たちが、つぎつぎとグループ展を興し、

戦後「北海道日本画協会」結成に至るまでをご紹介いたします。

北海道で日本画の可能性を模索し、地道に活動を積み上げ、

自立していくさまを実作品によってご覧いただけることでしょう。

貴重な機会となりますので、ぜひともご覧いただきたく、ご案内いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る