特別展示「線のメルヘン 南桂子と銅版画家たち」群馬県立近代美術

特別展示「線のメルヘン 南桂子と銅版画家たち」群馬県立近代美術
シャルル・メリヨン《海軍省》1866年 エッチング・紙 群馬県立近代美術館蔵

名称:特別展示「線のメルヘン 南桂子と銅版画家たち」群馬県立近代美術
開催期間:2021年7月10日(土)〜8月22日(日)
会場:群馬県立近代美術館 展示室1
住所:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
休館日:月曜日(8月9日(月・休)・16日(月)は開館)、8月10日(火)
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
観覧料:一般 300円(240円)、大学・高校生 150円(120円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
住所:〒370-1293群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL: 027-346-5560
URL:群馬県立近代美術館

特別展示「線のメルヘン 南桂子と銅版画家たち」では、銅版画の繊細な描線が織りなす幻想的で詩情豊かなイメージに着目。《少女と小鳥の木》をはじめとする南桂子の作品約60点に加えて、シャルル・メリヨン《海軍省》や長谷川潔《花瓶に挿したコクリコと種草》など、ほかの作家による銅版画約20点も紹介する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る