「御所人形 ― 輝く肌の魅力」さいたま市岩槻人形博物館

「御所人形 ― 輝く肌の魅力」さいたま市岩槻人形博物館

名称:「御所人形 ― 輝く肌の魅力」さいたま市岩槻人形博物館
開催期間:2021年7月17日(土)〜8月29日(日)
開館時間:午前9時~午後5時 ※入館は閉館時刻の30分前まで
料金:一般 300円(200円)
   高校生・大学生・65歳以上 150円(100円)
   小学生・中学生 100円(50円)
   ※( )内は20名以上の団体料金。
   ※障害者手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は半額になります。
休館日:月曜日 ※8月9日(月・休)は開館
住所:〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町6丁目1-1
TEL:048-749-0222
URL:さいたま市岩槻人形博物館

「御所人形 ― 輝く肌の魅力」さいたま市岩槻人形博物館
「御所人形 ― 輝く肌の魅力」さいたま市岩槻人形博物館

ふっくらと肥え、照り輝くような白い肌をした御所人形は、当時の人々が抱いた理想的な子供の姿です。 今ほど科学医療が発達していない時代、生命力にあふれた健康的な童子の姿は、麗しく、めでたいものでした。その姿を表した御所人形は、吉祥と子孫繁栄のシンボルとして、宮中や公家、大名や武家など、上層の人々の間で贈答品として重用されたのです。
本展では御所人形によく似た裸嵯峨、愛らしい腹掛け姿や見立の趣向が凝らされた童子、からくりや三ツ折の仕掛けがある御所人形、御所人形への憧れが反映された土人形、近代の創作人形作家による洗練された御所人形など、様々な種類の御所人形を紹介します。愛らしい幼子の姿を象った、御所人形の名品をご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る