「繁栄の池上曽根遺跡~拠点集落としての姿~」大阪府立弥生文化博物館

「繁栄の池上曽根遺跡~拠点集落としての姿~」大阪府立弥生文化博物館

名称:「繁栄の池上曽根遺跡~拠点集落としての姿~」大阪府立弥生文化博物館
開催期間:2021年4月27日(火曜日)~9月12日(日曜日)
入館料:一般430円 65歳以上・高大生330円
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日
住所:〒594-0083大阪府和泉市池上町4-8-27
TEL:0725-46-2162
URL:大阪府立弥生文化博物館

「繁栄の池上曽根遺跡~拠点集落としての姿~」大阪府立弥生文化博物館
「繁栄の池上曽根遺跡~拠点集落としての姿~」大阪府立弥生文化博物館

池上曽根遺跡は、弥生時代の拠点集落のイメージの基となる数々の成果を上げてきた。本年は、池上曽根遺跡が国史跡に指定されてから45年、史跡公園が開園して20年、当館が開館して30年となる節目を迎える。
和泉市・泉大津市と協働し、周辺の遺跡も取り上げて、泉州北部の歴史に池上曽根遺跡を改めて位置づける展示会とする。保存活用計画が新たに策定されることも合わせて、今後の史跡整備と弥生文化研究を方向づける一歩を踏み出したい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る