企画展「板橋区立美術館・豊島区所蔵 池袋モンパルナス―画家たちの交差点―」しもだて美術館

企画展「板橋区立美術館・豊島区所蔵 池袋モンパルナス―画家たちの交差点―」しもだて美術館

名称:企画展「板橋区立美術館・豊島区所蔵 池袋モンパルナス―画家たちの交差点―」しもだて美術館
会期:2021年8/7(土)~2021年9/26(日)
開館時間:10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料:一般600円/団体(10名様以上) 550円/高校生以下無料
  ※本展会期中発行の板谷波山記念館入館券の半券をご提示いただくと、490円でご覧いただけます。(半券1枚につき1名様1回限り)
  ※本展入館券で夏季所蔵品展もご覧いただけます。
住所:〒308-0031茨城県筑西市丙372
TEL:0296-23-1601
URL:しもだて美術館

企画展「板橋区立美術館・豊島区所蔵 池袋モンパルナス―画家たちの交差点―」しもだて美術館
企画展「板橋区立美術館・豊島区所蔵 池袋モンパルナス―画家たちの交差点―」しもだて美術館

一般財団法人地域創造の助成による、令和2・3年度市町村立美術館活性化事業 第21回共同巡回展として「板橋区立美術館・豊島区所蔵 池袋モンパルナス―画家たちの交差点―」を開催します。

1920年代以降、池袋界隈には日本各地から上京した芸術家たちが集い、いくつかの「アトリエ村」と呼ばれる一画が形成されていました。そこでは、芸術家同士の交流が盛んに行われ、切磋琢磨しながら新たなアートシーンが生み出されていきました。他にはない独自の雰囲気を醸し出していたその様子は、パリの芸術家の街になぞらえて「池袋モンパルナス」と呼ばれています。

本展では、池袋モンパルナスに関連した1920年代から1940年代を象徴する作品を生み出した画家をはじめ、当時流行していたフォービスムやシュルレアリスム絵画を試みる画家、戦後にこの地で制作した画家など、会派を越えた様々な画家を紹介します。

また、このアトリエ村の住人でもあった、現在の筑西市出身で文化勲章を受章した洋画家 森田茂の当館所蔵作品も紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る