田澤則夫展「祭りのかたちと色を求めて」NSG美術館

田澤則夫展「祭りのかたちと色を求めて」NSG美術館

名称:田澤則夫展「祭りのかたちと色を求めて」NSG美術館
会期:2021年8月21日(土)~10月11日(月)
午前:10時30分~午後6時(入館は5時30分まで)
  ※特別イベント開催や季節等により開館時間を変更する場合がございます
休館日:月曜日(祝日または振替休日が月曜日の場合はその翌日)
住所:〒951-8101 新潟県新潟市中央区西船見町5932−561
TEL:025-378-3773
URL:NSG美術館

約10年前に祭りや年中行事の構成や装飾-特に山鉾屋台の造形美に魅せられて、ライフワークとして新潟県内に取材し描いています。長年、建築・まちづくりに携わってきた技術を生かし、俯瞰的に湊町新潟の祭りを捉えた「湊町新潟遊楽図」、異時同図法やデザイン的な配置に空想も織り交ぜたパノラマの「青海神社春季例大祭之図」、「信濃町風神雷神図」、40の祭りを立体的に再構成した「新潟祭り図鑑」等により、活動の足跡をご紹介します。作品を通じ、新潟の祭りの魅力をぜひご堪能ください。

田澤則夫 略歴
1949年(昭和24)新潟市南区生まれ。東洋大学建築学科卒業。建築やインテリア、まちづくりなどに従事。新潟オフィスアートストリートにおいて2015年最優秀賞、2018年新潟商工会議所特別賞を受賞、グループ創会員・にいがたアートサーカス会員。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る