〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館

〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館

名称:〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館
会期:2021年7月15日(木)~11月17日(水)
会場:箱根・芦ノ湖成川美術館
時間:9:00〜17:00
休館日:年中無休 
観覧料:一般 1,300円(1,100円)
  大学生・高校生 900円(700円)
  中学生・小学生 600円(500円)
  幼児 無料
  ※( )内は団体(10名以上)
住所:〒250-0522神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570
TEL:0460-83-6828
URL:成川美術館

〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館
〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館

堀文子の中南米、ヒマラヤへの旅から生まれた作品を展示します。南国の花に極彩色の鳥や蝶、民族衣装、出会った人々…。冒険心に溢れた堀の新鮮な驚きや感動が感じられる展覧会です。ヒマラヤに咲く幻の花を描いた2つの「ブルーポピー」や、新収蔵作品2点も初公開します。
Fumiko Hori 1918~2019
東京都生まれ。女子美術専門学校(現女子美術大学)卒業。創造美術展に第1回展から出品し1950年に会員となる。新制作協会、創画会を経て無所属。第2回上村松園賞受賞。多摩美術大学客員教授。自然を主なモチーフとし、透明感のある優しい色彩で、移りゆく情景を繊細に描写。一所不住の精神で住まいを替え、旅を重ねながら、常に新しい作風を切り拓いた。装丁、装画や絵本なども手がけた。

〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館
〔収蔵品セレクション展第2回〕「堀 文子 ~中南米・ヒマラヤへの旅~」成川美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る