「林 恭助 展〈陶芸〉」京都高島屋

「林 恭助 展〈陶芸〉」京都高島屋

名称:「林 恭助 展〈陶芸〉」京都高島屋
会期:2021年12月15日(水) → 21日(火)※最終日は午後4時閉場
会場:6階美術画廊
住所:〒600-8520京都市下京区四条通河原町西入真町52
TEL: 075-221-8811
URL: 京都高島屋

林恭助先生は、1962年岐阜県に生まれ、土岐市立陶磁器試験場の研修課程を修了後、人間国宝の加藤孝造先生に師事されました。黄瀬戸技法を得意としてこられた先生は、長年曜変天目についても独自の調査・研究を重ねられ、2001年遂に曜変天目の再現に成功されました。その再現は国内外から高く評価され、曜変天目の生まれ故郷である中国でも国立美術館での個展開催や故宮博物院に収蔵されています。今展では、これまでの曜変に加え、新たに耀変流光彩の作品も発表されます。一埦ごとの景色の違い、光の流れをご高覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る