篠田岬輝 写真展「Contrast of Savanna -アフリカ 大草原で輝く生命-」FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

写真:篠田岬輝

名称:篠田岬輝 写真展「Contrast of Savanna -アフリカ 大草原で輝く生命-」FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
会期:2022年1月14日(金)~1月27日(木)
開館時間:10:00-19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2
入館料:無料
  ※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。
作品点数:カラー、約35点(予定)
主催:富士フイルム株式会社
住所:〒107-0052東京都港区赤坂9-7-3(東京ミッドタウン、FUJIFILM SQUARE内)
TEL:03-6271-3350
URL:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

「写真家たちの新しい物語」について
富士フイルムフォトサロン 東京は、若手写真家の皆様に写真展を行う意義や楽しみを見出していただき、写真文化の発展に繋げる為、2013年から年数回、若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」を開催しています。当社は写真展を開催する為のプリントや制作費等を支援しています。

写真展について
若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」として、アフリカのサバンナで野生動物の撮影をしている篠田岬輝氏の写真展を開催いたします。

東アフリカのケニア・タンザニアに広がるサバンナ(大草原)には、ライオンやヒョウ、キリンやシマウマなど様々な野生動物が生息しています。本展示ではそうした動物たちのありのままの姿を、瞳のクローズアップや幅5メートルを超える巨大パノラマといった、写真ならではの表現で捉えています。動物たちと目が合う感覚や、どこまでも続くサバンナの広がりを写真で体感していただければと思います。

写真家からの写真展紹介
移ろいゆく空、刻一刻と姿を変える大地、今を全力で生きる動物たち。本気で闘うライオン、追うチーターと追われるガゼル、草を食むゾウ、日陰で身を寄せ合うヌーの大群。
野生動物と向き合う時ほど、心躍る瞬間はありません。
突然のスコールでびしょぬれになり、強烈な臭いのするライオンの糞に足を踏み入れ、目当ての瞬間をじっと何日も待ち続けることになっても、それでも彼らに心惹かれてしまいます。
きっと動物たちと向き合う時に、自分の中にある自然とのつながりが感じられ、その感覚に懐かしさを覚えているからなのだと思います。
「人間もひとつの動物である」という忘れがちなことを、彼らは思い出させてくれるのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る