「独立独歩の絵画展‐物故作家の名品を辿る‐」Bunkamuraザ・ミュージアム

吉原治良 「作品」

名称:「独立独歩の絵画展‐物故作家の名品を辿る‐」Bunkamuraザ・ミュージアム
会期:2022年1月12日(水)~1月19日(水)
開館時間:10:00~19:00
会場:Bunkamura Gallery
主催:Bunkamura Gallery
企画協力:ギャラリー 川船
  みぞえ画廊
住所:〒150-8507東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-3477-9111
URL:Bunkamuraザ・ミュージアム

木村 忠太 「ナント(仏国西部)」
木村 忠太 「ナント(仏国西部)」

作者を亡くしてもなお、輝きを放つ名品の数々は、まさに魂の宿った歴史を辿っているかのよう。
明治・大正・昭和と100年以上に渡り燦燦と受け継がれてきた作品の数々が、紆余曲折を経てこの場所に集結し、「現在(いま)」の時代も取り残されることなく、その輝きを放ち続けています。
そんな転換を繰り返す時代の中で、時には社会との不条理に直面しその存在を否定されながらも、一つ一つにその「人格」が形成され、作品として自立し、確固たるものへと昇華されていきました。
今展では200点余の原画作品に加え、国内外のマスターピースコレクションも同時に展示・販売いたします。
数ある中から選び出す楽しみや、知り得なかった作品との出会いはこの機会だからこそ。
令和4年から見渡す物故作家の名品群は果たしてどのように映るのか。
自らの審美眼を頼りに一点物の軌跡を是非ご覧ください。

長谷川 利行 「吉原千束通り」
長谷川 利行 「吉原千束通り」

出展予定作家
上野山清貢/大島哲以/金子國義/加納光於/鴨居玲/神原泰/木村忠太/五姓田義松/古茂田守介/菅創吉/瀧口修造/鳥海青児/難波田龍起/長谷川利行/山下菊二/横井弘三/吉原治良/萬鐵五郎/カンディンスキー/レジェ…その他出展予定作家多数、総点数約二〇〇点!
※出展作家は予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

萬 鐵五郎 「道(習作)」 
萬 鐵五郎 「道(習作)」 
五姓田 義松 「神社」
五姓田 義松 「神社」
瀧口 修造 「作品」
瀧口 修造 「作品」
フェルナン・レジェ 「Les papillons dans la roue (etude)」
フェルナン・レジェ 「Les papillons dans la roue (etude)」
ワシリー・カンディンスキー 「Ligne Volontaire」
ワシリー・カンディンスキー 「Ligne Volontaire」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る