「ちひろ美術館コレクション わたしたちは 集い、歌い、踊る」安曇野ちひろ美術館

荒井良二(日本) 『ユックリとジョジョニ』(ほるぷ出版)より 1991年

名称:「ちひろ美術館コレクション わたしたちは 集い、歌い、踊る」安曇野ちひろ美術館
会期:2022年3月1日(火)〜2022年5月29日(日)
会場:安曇野ちひろ美術館 展示室3・4
時間:10:00〜17:00
  ※3月は16:00まで
休館日:水曜日 
  祝休日の5月4日(水)は開館、翌平日の5月6日(金)は休館
観覧料:大人 900円
  高校生以下 無料
  団体(有料入館者20名以上)、65歳以上、学生の方は700円
  障害者手帳提示の方とその介添えの方(1名)は無料
  年間パスポート3,000円
住所:〒399-8501長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL:0261-62-0772
URL:安曇野ちひろ美術館

荒井良二(日本) 『ユックリとジョジョニ』(ほるぷ出版)より 1991年
荒井良二(日本) 『ユックリとジョジョニ』(ほるぷ出版)より 1991年

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、わたしたちは自由な行動や表現だけでなく、人と会うことまで制限されてきました。
行きたいところに行き、歌を歌い、友だちと話をしながら食事をしたり、たくさんの人とともにイベントを楽しむ。それがどんなにしあわせで大切な時間なのかを実感しました。
本展では、ちひろ美術館コレクションのなかから、お祭りやパレード、さまざまな楽器を奏でるコンサートなど、世界の絵本画家たちが描いた高揚感あふれる作品を展示し、集うことの尊さ、歌い、踊ることのよろこびを見つめます。

スズキコージ(日本) やまのディスコティック 2013年
スズキコージ(日本) やまのディスコティック 2013年
ジョン・バーニンガム(イギリス) 『バラライカねずみのトラブロフ』(ほるぷ出版)より 1964年
ジョン・バーニンガム(イギリス) 『バラライカねずみのトラブロフ』(ほるぷ出版)より 1964年
クヴィエタ・パツォウスカー(チェコ) 家の音符 1989年
クヴィエタ・パツォウスカー(チェコ) 家の音符 1989年
岡本帰一(日本) 月夜の精(印刷物) 1920年
岡本帰一(日本) 月夜の精(印刷物) 1920年
茂田井武(日本) こんやはよみや 1956年
茂田井武(日本) こんやはよみや 1956年
荒井良二(日本) 『モンテロッソのピンクの壁』(ほるぷ出版)より 1992年
荒井良二(日本) 『モンテロッソのピンクの壁』(ほるぷ出版)より 1992年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  3. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
ページ上部へ戻る