「中村英生 日本画展 -光・光・静・静-」日本橋三越本店

昼の読書|5号

名称:「中村英生 日本画展 -光・光・静・静-」日本橋三越本店
会期:2022年3月9日(水) ~ 2022年3月14日(月) 最終日は午後5時終了
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL: 03-3241-3311
URL: 日本橋三越本店

Ever blue|100号
Ever blue|100号
ペイブメント|10号S
ペイブメント|10号S

仏画に用いられる古典的な技法に影響を受け、自らの光の表現を追求しつづける中村英生氏。
艶やかな色彩が美しい月の器シリーズや深い群青が印象的な窓シリーズなどその一点一点からさま ざまな光が放たれています。
中村氏の描く花鳥図は「花卉、鳥獣、虫、藻魚など動植物」を主題として広い意味で花鳥画を表現 しており、日本橋三越本店で3回目となる今展では「女性の心の深淵に潜む光」をテーマに、「月の器」 シリーズや花鳥画など新作30余点をご紹介いたします。
中村 英生 Hideo NAKAMURA 〉
1977年  香川県高松市生まれ
2002年  初個展(画廊) 東京/銀座
2003年  東京藝術大学大学院修士課程絵画専攻日本画専攻修了
     同時に台東区にて修了模写買い上げ
2005年  ARTBOX 大賞展準グランプリ受賞
2007年  初個展(百貨店) 東京/上野
2008年  東京藝術大学大学院博士後期課程日本画専攻修了 博士号取得
2009年  新生展大賞受賞 
2011年  初海外アートフェア出品「LINE ART2011」 ベルギー
2016年  個展 日本橋三越本店 東京/日本橋
2017年  海外アートフェア出品「Art Stage Singapore」 シンガポール
2019年  個展 日本橋三越本店 東京/日本橋
2020年  個展 (広島/広島市)       個展 (東京/豊島区)
2021年  個展 (神奈川/横浜市)      個展 (大阪/阿倍野区)
2022年  個展 日本橋三越本店 東京/日本橋
全国百貨店・画廊にて個展多数開催
無所属

昼の読書|5号
昼の読書|5号

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る