「描かれた『馬のおはなし』」馬の博物館

「描かれた『馬のおはなし』」馬の博物館

名称:「描かれた『馬のおはなし』」馬の博物館
会期:2022年2月19日(土)~4月17日(日)
会場:馬の博物館 第2展示室
開館時間:11:00~16:30(入館は16:00まで)
入館料:大人100円、小・中・高校生30円
  ※障がい者手帳をお持ちの方は無料(介護者は原則1名半額)
  ※毎週土曜日は小・中・高校生無料
休館日:月曜日(ただし、3月21日は開館) 2月22日(火)・3月1日(火)・15日(火)・22日(火)
住所:〒231-0853神奈川県横浜市中区根岸台1-3 根岸競馬記念公苑
TEL:045-662-7581
URL:馬の博物館

蒸気機関やエンジンが登場する以前、馬は主要な動力でした。そのため、今よりずっと身近な存在だった馬は、様々な「おはなし」に登場します。本展では、絵のなかに登場する馬に着目しながら、日本の合戦や古典、中国の伝説などの「おはなし」が描かれた江戸時代の屏風など約20点を紹介します。馬は絵のなかで、主要な要素として、あるいは脇役として、またときには日常の風景として描かれます。
描かれた馬は、合戦の中で活躍するもの、移動の手段となるもの、荷物を運ぶものなど、その役割は様々です。いろいろな「おはなし」に登場する馬をご覧いただき、馬と人が深くむすびついていたことを感じていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る