「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法」大分県立美術館

「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法」大分県立美術館

名称:「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法」大分県立美術館
会期:2022年6月11日(土)~8月21日(日)
開館時間:10:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
  ※金・土曜日は20時まで開館
休展日:なし
会場:大分県立美術館 1階 展示室A
観覧料:一般 1200(1000)円、大学・高校生 1000(800)円
住所:〒870-0036大分県大分市寿町2-1
TEL:097-533-4500
URL:大分県立美術館

ヴァシリー・カンディンスキー 《絵の中の絵》1929年
ヴァシリー・カンディンスキー 《絵の中の絵》1929年

国立国際美術館は、1977年より、国内外の優れた現代美術を発信する美術館として、収集・保管・展示活動を行ってきました。本展は、4年に一度、他館に名品・優品を貸し出す巡回展として、本年は広島県立美術館と大分県立美術館で開催されます。カンディンスキーら抽象芸術の始まりから、多様化する2000年以降のアートまで、およそ100年にわたる近現代美術の流れを紹介します。感性を刺激し、世界に夢中になるきっかけを与えてくれる現代アートの魅力に触れよう。

「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法」大分県立美術館
「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法」大分県立美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る