「寺内萬治郎と同時代の作家たち」蘭島閣美術館 別館

「寺内萬治郎と同時代の作家たち」蘭島閣美術館 別館

名称:「寺内萬治郎と同時代の作家たち」蘭島閣美術館 別館
会期:2022年7月6日(水)~10月10日(月・祝)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:大人800(600)円 小中高生250(200)円 未就学児無料
   ( )内は20名以上の団体料金
休館日:毎週月曜日(祝日の場合翌日) 
主催:一般財団法人筆の里振興事業団 中国新聞社
共催:熊野町 熊野町教育委員会
後援:広島県教育委員会
協力:白泉社 あかね書房 偕成社 学研プラス 教育画劇 玄光社 佼成出版社
   小学館 PHP研究所 ブロンズ新社 文溪堂 ほるぷ出版 理論社
   広島電鉄株式会社 呉信用金庫 広島県信用組合 もみじ銀行 広島銀行
住所:〒737-0301  広島県呉市下蒲刈町三之瀬195番地
TEL:TEL:0823-65-2500
URL:蘭島閣美術館 別館

「寺内萬治郎と同時代の作家たち」蘭島閣美術館 別館
「寺内萬治郎と同時代の作家たち」蘭島閣美術館 別館

寺内萬治郎は明治23(1890)年に生まれ、大正、昭和にかけて日本近代洋画史に名前を刻 む画家です。画家を志した寺内萬治郎の青年時代は、黒田清輝や藤島武二が明治洋画壇をを牽 引し、西欧美術の新しい息吹がもたらされた時代でした。そのような環境で油彩技法の正統を 学んだ寺内萬治郎は「ら 婦の寺内」と称されるほど、生涯にわたり日本女性の美しさを追求しました。
 明治以来、全国規模で開催される官展は近代日本洋画の発展の上で大きな存在でした。一方 若い芸術家たちのエネルギーは自分たちの独自の批評や理想を目指し、無数の美術団体を生み 出していきます。寺内萬治郎も多くの仲間たちと芸術活動を共にしました。
 今回の展示では、寺内萬治郎の代表作品と共に、交流のあった画家たちの作品を併せて広く 紹介します。同時代を生きた画家たちの、創作の多様性を感じ取っていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る