特別展「読み継がれる鴎外」文京区立森鴎外記念館

特別展「読み継がれる鴎外」文京区立森鴎外記念館

名称:特別展「読み継がれる鴎外」文京区立森鴎外記念館
会期:2022年4月23日(土)~2022年7月31日(日)
   ※会期中の休館日 4月26日(火)、5月23日(月)、24日(火)、6月27日(月)、28日(火)、7月26日(火)
会場:文京区立森鴎外記念館 展示室1、2
開館時間:10時~18時(最終入館は閉館30分前)
観覧料:一般600円(20名以上の団体:480円)
   ※中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料
   ※文京ふるさと歴史館入館券、パンフレット(押印入)、友の会会員証ご提示で2割引き
企画協力:平野啓一郎氏(小説家)
監修:山崎一穎氏(跡見学園女子大学名誉教授、森鷗外記念会顧問)
協力:県立神奈川近代文学館、世田谷文学館、たばこと塩の博物館、多摩美術大学図書館、東京大学総合図書館、日本近代文学館ほか
住所:〒113-0022東京都文京区千駄木1-23-4
TEL:03-3824-5511
URL:文京区立森鴎外記念館

特別展「読み継がれる鴎外」文京区立森鴎外記念館
特別展「読み継がれる鴎外」文京区立森鴎外記念館

 2022年は、小説『舞姫』で知られる文豪・森鴎外(1862-1922)の生誕160年・没後100年です。
鴎外は島根県津和野町で生まれ、幼いころに漢学を、大学では医学を学び、陸軍軍医として衛生学の修学にドイツに留学し、日清・日露戦争では戦地に赴き、のちに陸軍軍医総監・陸軍省医務局長に就任。医学のみならず西欧文化を日本に広め、近代日本を代表する知識人として活躍しました。
鴎外の著述は、創作や評論、翻訳などあわせて1,300以上に達します。明治・大正では文学者たちに師と仰がれ、昭和・平成を通しては文芸に加えて多分野にわたる業績についても見直されるなど、時代状況に従って、鴎外はさまざまな関心をもって読み継がれてきました。そのたびに、作品や人物像について新しい面が表れてくるのが、鴎外の魅力であり強さです。
本展では、鴎外を敬愛する小説家・平野啓一郎が8人の作家や研究者を選出(青山七恵、コリーヌ アトラン、宇佐見りん、ロバート キャンベル、永井愛、中島隆博、平出隆、村田喜代子)、鴎外を読み継ぎます。彼らが読み継いだ『雁』『山椒大夫』『ヰタ・セクスアリス』『鶏』『大塩平八郎』『鴎外日記』、小倉時代、大逆事件などを関連資料とあわせて展覧します。また、鴎外を語った作家や、現代まで読み継がれてきた鴎外訳『即興詩人』の変遷も紹介します。
鴎外はこれからも時代の視点で読み継がれていくことでしょう。没後100年の現在でも古びない、読むべき魅力をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る