笠間日動美術館コレクション「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」北海道立函館美術館

笠間日動美術館コレクション「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」北海道立函館美術館

名称:笠間日動美術館コレクション「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」北海道立函館美術館
会期:2022.07.16(土) – 2022.09.25(日)
観覧料:一般1200(1000)円、高大生700(500)円、中学生400(300)円、小学生以下無料
  ※( )内は前売り、団体、リピーター
  無料になる方
  身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその引率者(1名)など。
住所:〒040-0001北海道函館市五稜郭町37-6
TEL:0138-56-6311 ・FAX:0138-56-6381
URL:北海道立函館美術館

19世紀から20世紀にかけてのフランスの美術界では、人間性を重視した作家の個性を生かす表現が次々と生まれ、その後の芸術を大きくきりひらきました。パリには世界中から芸術家が集まり、さまざまな芸術が生まれたといえるでしょう。本展は茨城県笠間市の笠間日動美術館の西洋絵画コレクションにより、この時代を代表する17作家の作品約100点をご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る