市制施行100周年・開館20周年記念特別展 〈小江戸文化シリーズ〉5「小茂田青樹展」大川美術館

小茂田青樹《村道》1923年 公益財団法人北野美術館

名称:市制施行100周年・開館20周年記念特別展 〈小江戸文化シリーズ〉5「小茂田青樹展」大川美術館
会期:2022年10月22日(土曜)から2022年12月4日(日曜)
住所:〒376-0043群馬県桐生市小曽根町3-69
TEL:0277-46-3300
URL:大川美術館

川越が誇る日本画家・小茂田青樹(1891-1933)は、自然観照に基づく写実性に装飾性を融合させた画風で、現在もなお高く評価されています。代表作を中心に画業の展開をたどり、資料の検証から主に昭和期における作品制作の実態や川越との関係にも注目します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る