「杉浦非水 時代をひらくデザイン」群馬県立近代美術館

「杉浦非水 時代をひらくデザイン」群馬県立近代美術館

名称:「杉浦非水 時代をひらくデザイン」群馬県立近代美術館
会期:2023年4月22日(土)〜2023年6月18日(日)
   会期中、一部展示替えを行います
   前期:4月22日(土)~5月21日(日)
   後期:5月23日(火)~6月18日(日)
会場:群馬県立近代美術館
時間:9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 ただし5月1日は開館
観覧料:一般 900円
   大高生 450円
   20名以上の団体割引料金
   一般 720円
   大高生 360円
   ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催:群馬県立近代美術館、毎日新聞社
協賛:ニューカラー写真印刷株式会社
特別協力:株式会社三越伊勢丹ホールディングス、東京国立近代美術館
企画協力:愛媛県美術館
住所:〒370-1293群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL: 027-346-5560
URL : 群馬県立近代美術館

『非水図案絵葉書』より 1915-16頃 愛媛県美術館蔵
『非水図案絵葉書』より 1915-16頃 愛媛県美術館蔵

杉浦非水は明治から昭和にかけて活躍した日本のグラフィックデザインの第一人者です。
愛媛県松山市に生まれ、上京して東京美術学校に学んだ非水は、黒田清輝がフランスから持ち帰った資料を目にしたことをきっかけに図案家の道へと進みます。三越呉服店ではPR誌や宣伝ポスターを手がけてブランドイメージの創出に寄与し、さらには、図案集の作成やデザイン雑誌の刊行を通して日本のデザイン意識の普及、醸成に大きな役割を果たしました。
本展では愛媛県美術館のコレクションを中心に、ポスターや図案、装丁の仕事、スケッチ、『非水百花譜』などの作品、インスピレーションの源となった資料を含めた300点以上により非水の生涯にわたる功績を紹介します。

《新宿三越落成 十月十日開店》1930 愛媛県美術館蔵
《新宿三越落成 十月十日開店》1930 愛媛県美術館蔵
《爽快美味滋強飲料 カルピス》1926 愛媛県美術館蔵
《爽快美味滋強飲料 カルピス》1926 愛媛県美術館蔵
《東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通》1927 愛媛県美術館蔵
《東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通》1927 愛媛県美術館蔵
《星製薬》1914 アドミュージアム東京蔵
《星製薬》1914 アドミュージアム東京蔵
『非水百花譜』(昭和版)1929-34 愛媛県美術館
『非水百花譜』(昭和版)1929-34 愛媛県美術館
徳冨蘆花著(アーサー・ロイド、フォン・ファーロット、小野秀太郎英訳)『NATURE AND MAN 英訳 自然と人生』1913 個人蔵
徳冨蘆花著(アーサー・ロイド、フォン・ファーロット、小野秀太郎英訳)『NATURE AND MAN 英訳 自然と人生』1913 個人蔵
『アフィッシュ』第一年第一号 1927 愛媛県美術館蔵
『アフィッシュ』第一年第一号 1927 愛媛県美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る