「響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―」細見美術館

リラックマ×磯馴松 ©2022 San-X Co., Ltd.All Rights Reserved.

名称:「響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―」細見美術館
会期:2022年9月6日(火) – 12月4日(日) ※展示替えあり
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
入館料:一般 1,400円
   学生 700円
主催:細見美術館 京都新聞(予定)
特別協力:国際交流基金 豊和堂
住所:〒606-8342京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
TEL:075-752-5555
URL:細見美術館

「響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―」細見美術館
「響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―」細見美術館
鉄腕アトム×富士山 ©手塚プロダクション
鉄腕アトム×富士山 ©手塚プロダクション

 日本美の象徴といわれる琳派、そして傑出した個性の絵師、伊藤若冲。国内のみならず海外にも広く知られて人気の高いこれらの美術作品は、後世のクリエイターをも魅了し、創造の源泉となり続けてきました。
 本展で、細見コレクションの琳派・若冲作品とともにご紹介する現代の日本画 -琳音-には、マンガ・アニメなど、日本のポップカルチャーを代表するキャラクターが、琳派や若冲など江戸時代の名画の一場面を借り、あるいはモチーフの一部に成り代わって登場します。意表を衝くマッチングの妙、そして背景も主役もすべて手描きによって写し取った、絵師の筆技も見どころです。。
 世界に発信され多くの人々に愛される古今のジャパニーズアート、その融合をお愉しみください。
 本展は、2021年秋から2022年新春にかけて、国際交流基金の主催によりミュンヘン五大陸博物館で開催された展覧会「RIMPA FEAT. MANGA Japanische Malerei aus der Sammlung Hosomi」の帰国記念展です。

リボンの騎士×東下り ©手塚プロダクション
リボンの騎士×東下り ©手塚プロダクション
ユニコ×楓紅葉 ©手塚プロダクション
ユニコ×楓紅葉 ©手塚プロダクション
リラックマ×磯馴松 ©2022 San-X Co., Ltd.All Rights Reserved.
リラックマ×磯馴松 ©2022 San-X Co., Ltd.All Rights Reserved.

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る