企画展「銘仙」埼玉県立歴史と民俗の博物館

企画展「銘仙」埼玉県立歴史と民俗の博物館

名称:企画展「銘仙」埼玉県立歴史と民俗の博物館
会期:2022年10月15日(土)〜12月4日(日)
開館時間:9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)
料金:一般:400円 高校生・学生:200円
   【団体料金(20名以上)】一般:250円 高校生・学生:150円
   ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料
   ※「ぐるっとパス2022」で観覧できます。
休館日:月曜日(ただし、11月14日は開館します)
会場:埼玉県立歴史と民俗の博物館
会場:当館 特別展示室
住所:〒330-0803埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL:048-645-8171
URL:埼玉県立歴史と民俗の博物館

企画展「銘仙」埼玉県立歴史と民俗の博物館
企画展「銘仙」埼玉県立歴史と民俗の博物館

埼玉県立歴史と民俗の博物館では、令和4年10月15日(土曜日)から12月4日(日曜日)まで企画展「銘仙」を開催します。
手頃でおしゃれな絹の着物「銘仙」。明治40年代に広まった「ほぐし織」の技術により、色鮮やかな模様銘仙を作ることが可能となりました。戦前の女性たちは、よそゆきの着物として銘仙を着て出かけたようです。
銘仙の生産地としては、秩父(埼玉県)、伊勢崎(群馬県)、足利(栃木県)などの関東地方の養蚕業や織物業が盛んであった地域が知られており、埼玉県内では秩父銘仙の生産が盛んとなりました。
本展覧会では、当館所蔵の銘仙をはじめ、銘仙の生産過程や新しく生産された新作銘仙などもご紹介します。この機会に、お気に入りの銘仙を見つけていただければ幸いです。

着物 桜草文様銘仙(当館蔵)
着物 桜草文様銘仙(当館蔵)
着物 黒地十字文様銘仙(当館蔵)
着物 黒地十字文様銘仙(当館蔵)
着物 青紫地椿文様銘仙(当館蔵)
着物 青紫地椿文様銘仙(当館蔵)
青紫地牡丹文様銘仙(拡大)(当館蔵)
青紫地牡丹文様銘仙(拡大)(当館蔵)
「秩父銘仙」ポスター(島田安彦コレクションアーカイブ蔵)
「秩父銘仙」ポスター(島田安彦コレクションアーカイブ蔵)
白繭
白繭

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る