「萩原朔太郎大全2022 -朔太郎と写真-」アーツ前橋

萩原朔太郎大全2022 -朔太郎と写真-

名称:「萩原朔太郎大全2022 -朔太郎と写真-」アーツ前橋
会期:2022年11月19日(土)~2022年3月5日(日)
開館時間:10時00分~18時00分(入場は17時30分まで)
会場:アーツ前橋1Fギャラリー
休館日:水曜日、年末年始2022年12月28日(水)~ 2023年1月4日(水)
   ※2022年11月23日(水・祝)は開館し、11月24日(木)は休館
観覧料:無料
主催:アーツ前橋
助成:一般財団法人ぐんま食と歴史文化財団
協力:前橋文学館、萩原朔太郎研究会
住所:〒371-0022群馬県前橋市千代田町5-1-16
TEL:027-230-1144
URL:アーツ前橋

「萩原朔太郎大全2022 -朔太郎と写真-」アーツ前橋
「萩原朔太郎大全2022 -朔太郎と写真-」アーツ前橋

萩原朔太郎没後80年となる2022年に「萩原朔太郎大全2022」と題して、全国各地の52か所の文学館、美術館、大学等で萩原朔太郎をテーマとする展覧会が開催されます。アーツ前橋では「萩原朔太郎大全2022」の参加企画として、1Fギャラリーで「朔太郎と写真」を開催します。
萩原朔太郎にとって「写真」とは、「言葉」の他に詩心を表現するもうひとつの手段でした。17歳で初めてカメラと出会って以降、生涯を通じてカメラは常に朔太郎とともにありました。本展では、朔太郎自身が撮った前橋を中心とする風景写真や、朔太郎の詩や写真などに触発されて制作された写真作品を紹介します。「写真」という「詩」以外の側面からのアプローチによって、朔太郎の人物像に迫っていきます。
出品作家:萩原朔太郎 萩原朔美/吉増剛造/木暮伸也

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る