「師弟の絆 吉田善彦と小林済」箱根・芦ノ湖成川美術館

小林 済〈高原春来〉2009年 成川美術館蔵

名称:「師弟の絆 吉田善彦と小林済」箱根・芦ノ湖成川美術館
会期:2022年11月17日(木)〜2023年3月15日(水)
会場:箱根・芦ノ湖成川美術館
休館日:年中無休 
観覧料:一般 1,300円(1,100円)
   大学生・高校生 900円(700円)
   中学生・小学生 600円(500円)
   幼児 無料
   ※( )内は団体(10名以上)
   ※障がい者手帳の提示で入場料は1,000円、同行の方1名は同額となります
   ※「インターネット特別割引券」の提示で記載の割引があります
住所:〒250-0522神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570
TEL:0460-83-6828
URL:箱根・芦ノ湖成川美術館

小林 済〈美しき日本の夜明け〉2021年 成川美術館蔵
小林 済〈美しき日本の夜明け〉2021年 成川美術館蔵

箱根・芦ノ湖成川美術館コレクションの重要な一角をなす画家である吉田善彦と、吉田に教えを受けた小林済の展覧会です。
吉田善彦は速水御舟の教えを受けた数少ない画家であり、吉田様式と呼ばれる独自の技法で新たな日本画の地平を切り開きました。一方の小林済は、東京藝大を自ら退職して海外に拠点を移し、その後も無所属で制作をつづけてきました。
二人の交流は組織や団体の枠を超えたものであり、終生続きました。師弟の代表作を多数展示します。

吉田善彦〈春到山麓〉1991年 再興第76回院展
吉田善彦〈春到山麓〉1991年 再興第76回院展
吉田善彦〈多武峯春雪〉1971年 成川美術館蔵 (1639x2300)
吉田善彦〈多武峯春雪〉1971年 成川美術館蔵 (1639×2300)
小林 済〈高原春来〉2009年 成川美術館蔵
小林 済〈高原春来〉2009年 成川美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る