「没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友-小磯良平・伊藤廉・長谷川潔をはじめとして」横浜本牧絵画館

「没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友-小磯良平・伊藤廉・長谷川潔をはじめとして」横浜本牧絵画館

名称:「没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友-小磯良平・伊藤廉・長谷川潔をはじめとして」横浜本牧絵画館
会期:2022年10月15日(土)~2023年1月15日(日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週火曜日/年末年始(12月26日~1月3日)
一般観覧料:500円
割引観覧料:400円(65歳以上、障がい者手帳・三溪園入園券をお持ちの方が対象)
   ※保護者同伴の中学生以下1名無料
   ※その他団体割引制度(要事前予約)、「濱ともカード」のご提示で優遇有り
主催:公益財団法人 横浜本牧絵画館
住所:〒231-0822神奈川県横浜市中区本牧元町40-7
TEL:045-629-1150
URL:横浜本牧絵画館

「没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友-小磯良平・伊藤廉・長谷川潔をはじめとして」横浜本牧絵画館
「没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友-小磯良平・伊藤廉・長谷川潔をはじめとして」横浜本牧絵画館

パリで制作し続けた理由は
「没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友」展示にあたって
岩田榮吉(1929~1982)の没後40年にあたり、その師その友に焦点をあて、画業を振り返ります。よき師よき友とは、偶然に出会うものではなく、自分自身が確かな考えを持ち、前向きな気持ちをもって生きて、はじめて得られるものかもしれません。画家にとって、画面とひとり向き合う苦しみは、技量経験を積んだところで尽きるものではありませんが、「ひたすらに絵を描いていたい」という純粋な気持ちを生涯持ち続けた岩田には、様々な局面場面で恩師・畏友と呼べる人々との出会いがありました。28歳での渡仏後、パリで制作し続けた理由に、現地での師友の存在が大きかったことは疑いもありません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る