「中華世界の誕生―新石器時代から漢―」MIHO MUSEUM

「中華世界の誕生―新石器時代から漢―」MIHO MUSEUM

名称:「中華世界の誕生―新石器時代から漢―」MIHO MUSEUM
会期:2022年9月3日 – 2022年12月11日
開館時間:午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
休館日:月曜日、9月20日・10月11日(火) ※9月19日・10月10日(祝月)は開館
入館料:一般:1,300円 
    高・大生:1,000円 
    中学生以下:無料 
    障がい者手帳をお持ちの方:無料(介添1名は200円割引) 
    ※この料金で、館内すべての展示をご覧いただけます。
会場:南館(中国展示室)
住所:〒529-1814滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL:0748-82-3411
URL:MIHO MUSEUM

この展示は当館の所蔵品によって構成し、中国の新石器時代から漢時代にかけての作品が集められています。各コーナーの解説ではこれまでの考古学的な成果を含めて明らかになってきた中国の原始から古代への大きな時代の進展を紹介しており、展示作品はできる限り制作年代に沿って並べられています。時代的背景を念頭におきながら改めてこれらを見つめなおしてみると、小規模な展示ではありますが、時代に応じてさまざまに変化する作品の特色が、中華世界が誕生するまでの雄大な営みの片鱗を映し出しているようにも感じられるのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る