令和大改修竣工記念企画展「旧栃木町役場庁舎100年のあゆみ」栃木市立文学館

令和大改修竣工記念企画展「旧栃木町役場庁舎100年のあゆみ」栃木市立文学館

名称:令和大改修竣工記念企画展「旧栃木町役場庁舎100年のあゆみ」栃木市立文学館
会期:2022年10月8日〜2023年3月19日
開館時間:9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、火曜日休館)、祝日の翌日(祝日の翌日が土曜・日曜・祝日の場合は開館)、年末年始(12月29日〜1月3日)
会場:栃木市立文学館
入場料:【企画展(2階)】一般 330円(260円)、中学生以下無料
    【常設展(2階)】一般 220円(170円)、中学生以下無料
    ※企画展料金で、常設展もご覧になれます。(常設展のみを観覧の場合、一般220円(170円)となります。)
    ※(  )内は20名以上の団体割引料金
    ※身体障害者手帳等の交付を受けている方とその介助者1名は無料
住所:〒328-0016栃木県栃木市入舟町7-31
TEL:282-25-5400
URL:栃木市立文学館

令和大改修竣工記念企画展「旧栃木町役場庁舎100年のあゆみ」栃木市立文学館
令和大改修竣工記念企画展「旧栃木町役場庁舎100年のあゆみ」栃木市立文学館

栃木市立文学館として生まれ変わった旧栃木町役場庁舎は、市内で数少ない築100年を越えた木造洋風建造物です。
大正期の特徴的な外観意匠(デザイン)や県庁堀と一体となった景観、また、約90年にわたって庁舎として使用され続けたにもかかわらず、保存状態が極めて良好な状態であることが評価され、平成29年(2017)に市の指定文化財の指定を受けました。平成31年(2019)3月から2年にわたった今回の大改修は、記録に残る限りでは、初めての大規模改修でした。
本展では、建築当時の軸組構造と内外装材が多く現存し、建築当初の設計図により創建時の姿を知ることができる庁舎の歴史を紹介します。今回の改修で新たに判明した事実や使用されていた部材、庁舎として使用されていた時代の街の様子等を通して、文化財の保存と活用について、皆様に考えていただく機会となれば幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る